素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指すおじさんの日記

鯵の団子汁

 今日も訪問いただきありがとうございます。素流人は今週は珍しく忙しくしている。まあ時期的なものだから仕方ないか、、、、。今日も早出で県西部へ日帰り出張だ。

 さて、寒くなって来ると暖かい物が良くなる。土曜日に買って来て捌いておいて忘れた鯵が冷蔵庫に、、、。それを使って鯵の団子汁、旨いです。因に本日アップの料理は平日につき素流人作ではありません。

10.31鯵団子の味噌汁

 卵が余っていたのか、ハンペンを使っての伊達巻き、ちょっと焦げてますがまあまあいけます。

10.31伊達巻き

 キュウリ・若芽・シラスの酢の物、キュウリは自家製ですよ。

10.31キュウリ・若芽・シラスの酢の物

 そして、またまたカニです。土曜日から横浜に住む義弟が帰っていた。使い物にするということでカニを買いに義母と境港へ行った。まあ〜東京方面では紅ズワイガニでも随分高価に見えるだろう、でもそんなんでもないけど、、、。一応差し上げるものなので足が取れていてはいけないので直売センターを勧めました。

 一緒に行った義母は5枚1000円の足が取れたカニを買って、我が家にも分けてくれた。ということで続いてカニを食べた。でもちょっと身入りも少ないか???まあ〜貰い物贅沢を言ったら罰が当たる。

10.31かに

 その他、椎茸の煮付、貰ったブロッコリー・畑のインゲン・オクラの茹で野菜が食卓に乗っていた。

10.31夕食

 今朝のyahooニュースを見ていたら、20代は結婚願望も少なく、子供も希望しない人が増えているとか、、、。原因は若年層の貧困か?と書いてあった。

 確かにこの頃は正社員になかなかなれなくて契約社員などで将来的な所得も少なく生活設計が出来ないかも?今では当たり前になっているが、昔に比べて全てが贅沢になっていて金のかかる社会になっている。物の消費が経済を活性化させるという事で国も消費を促す政策を採っている。

 都会では家を一歩出れば、どこでも金・金・金だ。そして、金を使う事で誰も豊かさと思っているようだ。金は多くてもなかなか豊かにはなれないわな〜その上、収入を得るために仕事に終われ自分の時間さえ満足に取れない、いったい何のためにいきているのか???

 ちょっと横道に行ったか?それと草食男子で女性と付き合うのも面倒な若者が増えたか???イケメンでもない素流人、若い頃「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」でナンパしたけどなあ〜〜今の若者はそれも少ないか(やっている人はやっているか)??この頃は下手に声をかけたりすると変質者に思われるか?また、数回、アタックすればストーカーになってしまうか?
 まあ〜厄介な世の中になったもんだ、、、、、。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

別窓 | 御馳になった料理 | コメント:6
∧top | under∨

料理にもリンゴを、、、

 今日は秋晴れの素晴らしい天気だ。出かける人も多いかな?

 妻と姫2号と義母は神戸へ1泊旅行、駅まで送って行った。これで一人になれる、、、、とはいかず、昨夜から姫3号が帰って来た。まあ〜マルの散歩など楽にはなる。

 さて、2〜3日前、姫2号が休みの日に料理を作った。鮭とエリンギとブロッコリーとタマネギでクッキングシート蒸しを作った。

 下にバターを敷き、その上に輪切りにしたタマネギを置き、鮭・エリンギ・ブロッコリーを入れて包み、無水鍋で蒸した。出来上がりはポン酢でいただいた。

10.12サケのクッキングシート蒸し

 そして、細切りジャガイモをひき肉と一緒に炒め、ナンプラーで味付けた。これもなかなか行けた。

10.12ジャガイモ炒め

 これは妻が作った料理だ。豚ヒレ肉を塩コショーして焼き、その上に、摺りリンゴに火を通してソースにして肉にかけてある。リンゴの自然の甘みと酸味があり旨かった。

10.12豚ヒレ肉のリンゴソース

 せっかく天気が良いので、畑もやらなくては、、、9月は雨ばかりで遅れてしまったのでここは一気に取り戻したいところだ。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

別窓 | 御馳になった料理 | コメント:2
∧top | under∨

畑野菜で晩飯、野菜不足もなんのその

 やっと来た週末、今度はありがたいことに3連休、でも前半はあまり天気が良くない。雨があまり関係ないハウス内での種まきや苗植えでもしようかな???

 さてさて、日本全国、端境期と野菜王国北海道の災害で野菜が高い。台風が過ぎた畑に妻が出かけたようだ。しばらく収穫していなかったので色々あったようだ。

 これから登場する料理は素流人作ではありませんが、野菜を作ったのは私ですのでご容赦を、、、、。

 山芋の蔓にはムカゴが結構付いていたようだ。そのムカゴの煮付です。でもちょっと小さいかな?土の中では芋になっているのかなあ〜〜〜

10.7むかご

 サツマイモの蔓でキンピラ、秋には大好きな1品、芋より蔓の方がありがたい変なオッサンです。

10.7芋蔓のキンピラ

 今年初栽培のダビデの星、ずんぐりした形で一見固そうだが、これがなかなか柔らかい。素朴に茹でて麺つゆでいただいた。来年は栽培量を増やそう、、、、。

10.7茹でダビデの星

 まだまだ採れているナスで焼きナス

10.7焼きナス

 これはUFOピーマンとアミ海老の煮付だ。

10.7UFOピーマンとアミ海老の煮付

 畑野菜の天婦羅、サツマイモ・カボチャ・インゲンだ。

10.7野菜の天婦羅

 畑野菜の料理がズラッと並んだ夕食、これではほぼ精進料理、少しぐらい蛋白源がないと、、、、ということで脇の方に焼いた魚があります。

 食事は、体の維持に重要だ。でももう一つの側面として食べることは大きな楽しみだ。貧しかった頃は、何を差し置いても体の維持だったが、豊かになってグルメと称して食べる楽しみが比重を増して来た。今ではグルメ番組と旅番組のオンパレード、美味しいことはいいことだが食い過ぎや食い散らかしちょっと〜〜〜です。
 今や食い過ぎでメタボを気にしないといけない時代、そして痩せるために一生懸命運動などでダイエット、なんかおかしいですね。一番太る原因は多くの脂と砂糖・乳製品と思いますが、、、、。

 素流人は、今の時期は新米の炊きたてご飯は一番旨いです。それと野菜と漬物、これらが新米の味を一層ひき立ててくれます。

 畑野菜でささやかな、そして地味〜〜〜〜な晩飯、でも安全な野菜で世の中の野菜不足もなんのそのです。

 その他、畑には、まだピーマン・空心菜・モロヘイヤ・ツルムラサキ・大根菜・分葱・里芋そして盆前キュウリも生り出した。夏野菜と秋冬野菜の狭間で量はあまりないけど細々と食いつないでいます。

10.7夕食

 そして、この方は食べ物のことにはあまり関係ない。脂物を食べると下痢をするのでいつもフード、ちょっと寂しい食生活、でも幸せだワンと思って寝ています。

 保護され獣医さんに引き取られたときやせ細っており、獣医さんに丸々太るようにと「マル」と命名されたが、我が家に来て500g超太ったようだ。オッサンに換算すると5kgくらいになるのでだいぶんおデブになったか?

10.7マルは良い気持

 天気が悪かったので野菜づくりは遅遅として進まないけど、天気が回復する来週あたりからちょっと真面目にやりたいものです。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

別窓 | 御馳になった料理 | コメント:5
∧top | under∨

栗を満喫

 早いもので今日から10月、年々、月日の流れが早くなりやがる。それだけ年を取ったか、、、。

 それにしても雨が続きますね〜〜もう嫌になってきます。8月はカンカン照り、9月は雨ばかり。

 畑の野菜は状態よくないだろうな???もう1週間近く畑には行っていない。たぶん下がドロドロの田んぼ状態か?

 この前の土日はまあまあ天気が良かったので栗を収穫、その後は妻が収穫していたが、本格的に採れ出した。8月末に新しい栗の木に実が生り出し、ボチボチ収穫、その後、一番大きい老木に生り出した。

 これは収穫した栗の一部、大きい物は既に渋皮煮に回っている。

9.28収穫した栗

 栗たっぷりの栗ごはんをいただきました。今年4回目くらいか???やっぱり季節の物は良いですね、、、、。

9.28栗ごはん

 そして、姫2号が義母に習いながら渋皮煮を作った。ばあちゃんの技の伝授だ。
 自然の恵みをこうしてありがたく美味しく食べる。今は何でも金を出せば買える。だから出来る過程など知らない人が多い。料理だってそうだ。特に若い人は、、、、。うん、これは良いことだ。

 その他、栗は茹でてホジホジして、お菓子用に冷凍保存に忙しいようです。

 下の写真は出来た渋皮煮、栗の旨さをあまり消さないように甘さ控えめです。お茶と一緒にいただきました。

9.26栗のお菓子

 今年の栗は、老木の出来が悪いと思っていたが、目に見えない上の方にたくさんあったようだ。新しい木がもう少し大きくなってたくさん採れ出すまで頑張って欲しいものだ。

 秋の旬をいただき嬉しいことです。こんな生活もっと広げたいです。目指せ実り豊かな畑。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

別窓 | 御馳になった料理 | コメント:5
∧top | under∨

舌の上で脂がとろける和牛の炙り

 日曜日、外から家に帰ると宅急便が来ていると妻が言う。早速、ハッポウを開けてみると冷蔵になって真空パックになっている塊肉が2つ入っていた。

 ブロともさんが送ってくれた逸品です。お礼の電話をして、何かとお聞きしたら和牛の炙りとチャーシュウで炙りの美味しい食べ方を聞いた。

 日曜日は妻が既にメニューを決めていたので翌日にいただいた。

 薄くスライスして小口ネギを載せ(これは聞き違えたか感動物で言われたことがあたまに入らなかったもしれない???これだから貧乏人はアカン)柚子の果汁をかけポン酢が旨いと、、、。柚子の皮も摺って散らした。

9.26牛肉の炙り1

 これは拡大した写真ですが、肉にしっかりとサシが入っていて、これはも〜〜高級品と一目で分かる。柚子の香も良くポン酢でサッパリと、そして口の中でとろけます。
 妻や姫にも分けてやったが、、、、、。翌日の摘み分はちゃんと確保した。

9.26牛肉の炙り2

 そして、お供は奥出雲の純米酒「七冠馬」、辛口の酒で脂が融け出す口中をサラッとリセットしてくれ、また新たに味わう、この感じ最高です。サラッとリセットしても残る炙りの余韻、堪りません。

9.26七冠馬

さて、この「七冠馬」という酒ですが、日本競馬界で七冠を達成したシンボリルドルフ、そこの馬主と簸上清酒の蔵元が親戚になった縁により誕生したと由来が箱に書かれています。蔵元と馬主さんの子供さんが結婚されたんでしょうね。この簸上清酒は「玉鋼」という大変旨い大吟醸も作っています。今回は純米酒ですが、ここ島根では人気のあるお酒です。

9.26七冠馬説明1

9.26七冠馬説明2

 美味しい和牛の炙りとキリッと美味しい酒が出会い、オッサンも出会いを楽しみましたよ。

 下の写真の本は、オッサンが好きで読んでいる向笠千恵子さんの「一食一会」と言う本だ。向笠さんはフードジャーナリストで日本のスローフードと食の現場を知る第一人者です。この本の中でも日本の伝統的な料理・食材や職人などが紹介されておりました。向笠さんのルーツは「御食国若狭」の三方五湖近くの向笠という地だそうです。
 若狭は山海の食材や北前船で美味しい物が集まる所、その昔は京都にも色々食材が運ばれていた。そこがルーツなら美味しい物を探す遺伝子は受け継がれているか?ただの食いしん坊の方かもしれませんが、、、、。

 やはり、本物の味を知らなければいけませんね。子供の頃からスナック菓子や安物のパンや揚げ物ばかり食っているようでは味覚は育ちませんね。

9.26一食一会

 美味しい本物を味会わせていただいたブロともさんに感謝感謝です。そして、また畑の野菜を喰らう日々が続きます。でもこちらも正真正銘の本物です。
 そうそう、野山の食材で美味しい物を食べる「土を喰らう日々」という愛読書を書いた作家の故水上勉も若狭の人でした。


ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
別窓 | 御馳になった料理 | コメント:5
∧top | under∨

初秋のささやかな晩酌セット

 1週間の労働が終わりました。といっても今週は休みが多かったが、、、、。いや、今日の午前中は仕事だった、、、。この1週間、天気も悪くなんかすっきりせず疲れた。今日から当分は天気が良いようだ。爽やかな秋晴れが続く。

 さて、労働を終え帰って晩酌タイム、自家製野菜を中心とした摘みを芋焼酎の湯割りでいただきましたよ。

 100%畑の野菜で揚げ浸し衣がないので比較的ローカロリー、まだまだ夏野菜が幅を利かせています。

9.23揚げ浸し

 茹でた四角豆をマヨネーズを付けていただきます。四角豆の食感が良いです。そして、じんわりと豆の甘みもあります。

9.23四角豆

 既成の鶏ハムとタマネギのスライス、ちょいポン酢でいただきます。

9.23鶏ハム

 消費出来ないピーマンがアミ海老で煮付けてあります。これは弁当用などの作り置きでしょうか?

9.23ピーマンと小エビ煮

 畑の野菜が中心の初秋の晩酌セットです。こうして盆に乗せれば、それなりにきれいに美味しそうに見えますね。お供の芋焼酎の湯割りも旨い。肉だ魚だという酒の摘みでなくてもこうしたささやかな摘みも良いものです。

9.23晩酌セット

 この日は、新米のご飯に根菜たっぷりの豚汁、ご飯が美味しいです。珍しくお代わりをして満腹です。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

別窓 | 御馳になった料理 | コメント:9
∧top | under∨

来たーッ 初秋の味覚の御三家

 台風がもたらした雨により急に涼しくなりました。まだ暑い日があるかもしれないけど凌ぎやすくなった。

 涼しくなってやっと我が家にも秋を思わせるご馳走が並んだ。平日なので妻が作りました。

 そうですね、これ食べないと秋が始まらない、太平洋沖で台湾や中国などの大型の船が日本に回遊するまでに獲ってしまうので水揚げが少ない秋刀魚、まだまだ高いです。安かった時には100円もしなかったのに、、、、。
 台湾や中国では今まで食べなかったのに、、、、困ったもんだ。やはり資源保護で割り当てないといけない。中国などは根こそぎ獲ってしまう。

 日本では江戸時代から食べられ、落語の「目黒のサンマ」は秋の噺の一つだ。長い間の食文化だ。

 なんだかんだブツブツ言っても目の前に並ぶとしばし静かになります。

9.5秋刀魚の塩焼き

 涼しくなると汁物も良いですね。根菜を入れて具沢山の豚汁。

9.5豚汁

 そして、ついに我が家の畑で採れた栗の登場です。まずは栗ごはんです。これを食べなきゃ始まりません。実は、秋刀魚はいつでも店で買えるけど、栗ごはん用の栗が確保出来るまで秋刀魚はお預けでした。

 そして、我が家の初秋の味覚の御三家が揃い踏みしました。秋になりましたね〜〜〜〜庭では鈴虫も鳴いております。

9.5栗ごはん

 そして、お供は日本酒で奥出雲の酒「仁多米」を燗酒でいただきました。

9.5お供

 その他に、島根の西部の浜田名物の「赤天」を酒の摘みに焼きました。ちびりちびり、そして秋刀魚食べながら、、、、、、秋ですね〜〜

9.5夕食

 この日の夕食は、ちと質素に見えますね。でもこれにはある理由があります。それは明日綴ります。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

別窓 | 御馳になった料理 | コメント:7
∧top | under∨

畑の野菜が主役です

 いつもの週は週中休みにしているが、今週は出張のため金曜日に休んだ。

 両親が連れて行って欲しいと言っていたそば屋に昼飯を食いに行った。蕎麦と炊き込みご飯、この炊き込みご飯が旨いのでこれ目当てだ。もちろん蕎麦も出雲蕎麦で旨い。満足してくれたようだ。

 休みは休みだが、オッサン料理も昨日はお休みでご馳になった。

 この日も畑の野菜は大活躍だ。ジャガイモを使ってのシェーパーズパイ、ひき肉とタマネギと自家製トマトソースでミートソース状の物を作る。そして、耐熱の容器に入れ、すり潰したジャガイモを乗せ、さらにチーズを乗せてオーブンで焼く。

7.29シェーパーズパイ

 取り分けたシェーパーズパイ

7.29シェーパーズパイ2

 畑の夏野菜をふんだんに使ってラタトゥイユだ。ベースにはトマトソースを使っている。採れたて野菜の旨味が引き出され優しい味だ。

7.29ラタトゥイユ

 この頃は蛋白系の食材は買うが野菜はほとんど自家製なので買い物は安上がりのようだ。蛋白系も見切り品即冷凍という買い物もだいぶん貢献しているが、、、、。

 野菜は、労力はかかるし、種や資材や肥料などを考えたら買った方が安いが、新鮮野菜が食べれることと、安い暇つぶしと考えればまあ良いか、、、、、。それと健康にも良いかな???

 この頃は高タンパク・高脂肪の食事、特に脂肪の摂取が多いので野菜はしっかり摂りたいですね。若い女性は太るからとご飯を敬遠しますが、それよりもっと太る原因となるのはケーキやチョコなどの甘いお菓子、そして脂濃い食事、生野菜を食べるのは良いけど大量のドレッシング、これ豚になるための食事ですよね。旨いことは旨いので食べるなとは言わないが、考えたいものですね。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

別窓 | 御馳になった料理 | コメント:5
∧top | under∨

ビールが冷えてない、、、、然らばチューハイで

 日曜日午後は果物貰いというミッションのため晩飯づくりは免除、というより久し振りに帰っている姫1号にいい加減なオッサン飯ばかりでは可哀想なので本来の母親飯だ。

 シャワーを浴びてビールと行きたかったが冷蔵庫に冷えてない、、、、。

 そこでグラスに氷を入れて焼酎を注ぐ、更にソーダで割りライムと庭から採って来たミントを乗せれば立派な酎ハイに、ミントの香が良いです。

7.24チュウ−ハイ

 さて、この日は中東風のサッパリサラダ、トマト、たくさんのパセリ、そしてクスクスみたいな小さいパスタを混ぜオリーブオイル・酢も使ってサッパリ味だ。

7.24中東風サラダ

 料理用トマトとして作っている「牛の心臓」、これを焼いてトマトステーキ、本来加熱用なので旨味成分が強く結構深い味だ。

7.24トマトステーキ

 畑で採れたピーマンが溜まっていたのでピーマン消費のためピーマンの肉詰めだ。でも、焼くのではなく煮込んだもの、肉にタマネギ、それにコメが少し入っていてパサパサではなくジューシーだ。

7.24ピーマンの肉詰め

 最後は、ズッキーニと海老のマヨネーズ炒め、マヨネーズが溶けて油の代わりをして味もまろやかだ。

7.24海老とズッキーニのマヨ炒め

 写真は忘れたけど、食後に早速桃を食べた。完熟なので旨いですが急いで食べなきゃいけません。


 今朝方、何とも痛ましい事件がありました。生まれてこの方、これだけ多くの人が亡くなる事件は初めてです。この犯人、どんな育ち方をしたのか、、、。親の愛情もなく育ったのか、、、。障害があるからと言って生きる権利はある。ハンディーはあっても授かった生を大切に生きておられる。
 普通、人を殺せば恐怖心を持つ、しかし、次々と、、、強い意志を持つかのように、、、。どんな心理か、、、?子供時代の教育の大切さと現代社会の病理を感じざるを得ない。
 亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに、怪我をされている方々の一早い回復をお祈りします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

別窓 | 御馳になった料理 | コメント:3
∧top | under∨

バターナッツは甘いです

 日曜日は姫3号が帰っていたので、夕食づくりは妻と交代した。休みには帰って来ることが多いが、帰った日にいつもオッサン料理では可哀想なので1日は交代することにした。その代わり週中の休みには作るので週2は変わらないが、、、。

 なのでこの日はオッサン料理ではありませんが、使われた野菜に注目して下さいね。

 少しずつ溜まるトマト、消費を兼ねて妻がトマトソースを作ってパスタです。トマトの甘み・旨味が何とも言えません。

7.17パスタ

 海老とアボガドのマヨネーズソース和え、アボガドはさすがに輸入物です。

7.17海老とアボガドのマヨネーズ和え

 畑のナスとズッキーニをオリーブオイルで焼き、塩コショーで味付けたシンプル料理

7.17ナスとズッキーニ焼

 たくさん収穫したインゲン、チマチマ食べていては追いつかない。そこでオリーブオイル煮、ニンニクを効かせていてこれ旨いんですよ、大好きな1品だ。インゲンも柔らかく、たくさん食べれます。パンに合います。

7.17インゲンのオリーブオイル煮

 そしてバターナッツでスープ、甘いです。このスープ姫2号が手伝って作った。なかなか良く出来てた。

7.17バターナッツのスープ

 それとバケットを付けて晩飯です。もちろんワインも付いてます。

7.17夕食

 肉はパスタのソースにひき肉が入っていたけど野菜中心の畑野菜のイタリアンもどき、でも充分旨いです。休みに帰って来る姫3号、アパートでは基本的に自炊だが色々作らないし、どうしても野菜が少なくなり野菜を食べたがります。これは我が家の食育の成果か???本当はがっつり食べて太らないためのようですが、、、、。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

別窓 | 御馳になった料理 | コメント:9
∧top | under∨
BACK | 素の暮らし | NEXT