素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指すおじさんの日記

スローライフの隠岐の島

 朝食も美味しくいただいた。隠岐ならではでイカの刺身があった。フェリーが出港する時間を見計らってホテルをチェックアウトした。島前(島前の西側にある有人の3つの島からなる)に向かうフェリーだ。島前には断崖絶壁の国賀海岸や知夫の赤壁などの景勝地がある。



 隠岐を離れる前に街中をちょっと散策したが、レトロな散髪屋があった。
 
 隠岐にいるとゆっくりとした時間の流れを感じる。都会にいる時のようなアクセクした感じはない。この地はスローライフ・スローフードの島だ(まあこういうところは全国にもいっぱいあるけど、、、、。)。全ての人がそうではないが、島の人は少しの田畑を持って、漁をしていなくても親戚・知人等から魚を貰ったりして、結構、自給自足的な生活ができる。島前に行くとその度合いは強まる。

 隠岐では、「隣の人は何する人ぞ」ではなくある意味濃密な関係がある。都会ではこういうのは面倒という人も多くいるのも事実だが、、、、。最近上映された錦織良成監督の映画「渾身」は隠岐を舞台に制作された。そこには素朴な人間のつながりや人情がたっぷりだ。東北大震災の後、「絆」という言葉が良く言われたが、最近はちょっと下火になったか、、、、?この地にはしっかり「絆」がある。そして、今の日本人が忘れつつある良き日本がある。

 今の世の中、お金にアクセクし、儲けることや物を買うことで豊かさを感じようとしているが、物は少なくても隠岐のような豊かさもある。日本人が大好きなイタリアの田舎だってスローライフで豊かで憧れる人も多いじゃないか〜〜〜。
 


 3時過ぎのフェリーで隠岐を後にした。フェリーから海上に浮かぶ隠岐を見るのは好きだ。



 フェリーに乗船する前に3女に大好きな「そばかりんとう」を買った。素朴に美味しい。



 甘い物好きな妻と次女に隠岐の羊羹を買った。



 今回は、仕事で行ったので時間もなく観光地には行けなかったが、またの機会にゆっくり行きたい。この地には、仕事の関係で知人も割といるので、じっくり腰を落ち着けて旨い物を肴に地酒を飲みたい。行き着く所、酒でただの呑兵衛だ。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 旅行 | コメント:0
∧top | under∨
<<畑は暑かった ふう〜 | 素の暮らし | 日本海に浮かぶ隠岐の島>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 素の暮らし |