FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

香港・マカオ旅行 9 〜モンテの砦〜

 昨日は、飲み過ぎてアップする気力もなく寝ちゃった。

 今日の午前中は、年末・年始に読む本をしっかり図書館で借りて来た。

 さて、香港・マカオ旅行9です。

 墓地を出てラザロ地区に引き返し、さらに行くと小高い山の上にある「モンテの砦」に行った。マカオは半島の先っぽで街のほとんどは平地と島だ。そんな平坦な街の中に唯一山らしき所がある。
 防壁があり、そこには多くの大砲があった。

モンテの砦1

 大砲で、リスボアホテルを狙ってみる、、、、。この角度では当たらないが、、、。

モンテの砦4

 砦の中にはマカオ博物館があり、食い気と買い物だけではちょっと寂しいのでちょっとは文化の香りということで観覧した。

マカオ博物館14

 写真にあるように、ちょっとした小高い山だ。

マカオ博物館12

 マカオは大航海時代の後の1500年代にポルトガル人が入り東西の交易をして繁栄した。そして、日本に鉄砲やキリスト教を伝えた。その当時の、地図が展示してあった。真ん中あたりの右側の島が日本だ。こんな地図が島根県立古代出雲歴史博物館にも展示してある。

マカオ博物館5

 それは、下の写真の左の方に「日本的銀、、、」とあるが、交易に銀が使われていて、その銀は、5年ほど前に世界遺産登録された島根県の大田市にある石見銀山のものだろう。
 当時世界で流通していた1/3は石見銀山の物と言われているそうだ。こんなところでつながっているのだなあ〜と感心した。

マカオ博物館6

 博物館は、マカオを歴史と昔の生活の展示が多かった。そして生活用具などの展示も多かった。

マカオ博物館8

 身分の高い人の立派なベッドだ。確か嫁入り道具で持って来たとか解説があった記憶が、、、、、。近くに長持のようなものもあったような????こんなベッドで甘い夜を過ごしたのかな?

マカオ博物館11

 そして、中国本土の陶器、西洋には高く売られたんだろうな〜

●マカオ博物館8

 時代は遡るが、こんな可愛い物も展示してあった。結構見応えがある博物館だった。

●マカオ博物館10

 そして、砦の山を下り、「聖ポール天主堂」に向かった。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト




別窓 | 旅行 | コメント:0
∧top | under∨
<<イタ飯をゴチになる | 素の暮らし | 我が家の料理の陰の役者たち 2>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 素の暮らし |