素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指すおじさんの日記

大量の栗だけど どうする?

 昨日、義母から電話が妻にあり、栗を早く採らないとみんな落ちてしまう。

 ということで、妻は畑に行って、栗を採ってきた。概ね採り切ったようだ。

 結果は、写真のとおり大きなボール2杯だ。既に1杯は硬い皮を剥いた。

 またまた渋皮煮を作るようだ。そして、岡山にいる長女に送ると言っていた。

 今年、一杯実がなった木はだいぶ高齢化しているので畑の他の場所に新しく栗を何本か植えているが、あと3〜4年すると栗がさらに多く採れるようになる。栗採りに追われそうだ。

大量の栗

 今週の日曜日に作った渋皮煮だ。お茶受けに食べているようだ。

渋皮煮

 畑に行ったついでに水菜を間引いて来た。今年は、あまり虫もつかず出来が良いとお褒めの言葉。しかし、何にもしていない。ただ種を蒔いただけ、単なる偶然の産物だ。ズボラな週末農民がする訳ない。

 その他、菜物が順調に大きくなっているとのこと、これからずっと菜物が食べれそうだ。最近野菜はちょっと端境期だったので良かった。貧乏人の家計が助かる。

 週末にかけてあまり天気は良くないようだが、雨も必要なのでまあ良いか〜〜。 

 
間引き菜(水菜)

 そして、九州ではPM2.5が酷いらしい。当然、九州は近くなので、中国地方も空が霞んでいる。雨が一緒に落としてくれると良いが、、、、。

 それにしても迷惑な話だ。クルム伊達も北京での試合で酷い大気汚染でまいったそうだ。10数年前の11月に北京に行ったが、その頃、暖房の石炭が原因と聞いたが空は霞んでいた。今はもっと酷いことは想像できる。彼の国の傍若無人ぶりには何かと閉口する。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | | コメント:0
∧top | under∨
<<何でこうなるの?  | 素の暮らし | 水の都で 堀川遊覧>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 素の暮らし |