FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

松江城散策

 年が明け4日までのうち3日は仕事だった、そして5日からは3連休で5日は天気も良く、久し振りに松江城付近を散策した。

 これは県庁前から二の丸と本丸を臨んだもの

210105二の丸と本丸

 大手前には、築城をした堀尾吉晴の像がある。

210105堀尾吉晴像

 城山に入っていく、最初の長い階段を登り踊場にはちょっとした石垣があり、そこにはちょっと見えにくいけど刻印がある。これは吉晴が「この城は俺が作ったものだ」と登城して来る家臣に誇示するために彫った堀尾家の刻印だ。

210105石垣の刻印

 これは刻印の説明書

210105石垣の刻印説明書

 二の丸には、大正天皇が来られると言うことで造られた洋館の興雲閣、結局は来られなかったけどね、、、。

210105興雲閣

 興雲閣の隣にある松江神社、ここは国宝になる決め手となった祈祷札(城の竣工を祝い、城の幾久しい繁栄を願った札)が発見された所だ。築城年が明確でなかったため重要文化財だったが、祈祷札の裏には慶長16年(1611年)正月の記載があった。

210105松江神社1

 さらに緩やかな階段を登り左に曲がると本丸敷への入り口の門


210105本丸入り口

 門を入り右に折れると松江城が見えて来る。黒っぽく地味な城です。まあ〜近年建て替えられた城ではなく修理はしているけど400年前の城だ。地味であるが故に重厚さがありますね。
 この日は城には上がりませんでした、なぜ?時間もあまりなかったけど、無料パス(堀川遊覧船でお城を紹介する船頭なので勉強には協力のため)を忘れたから、、、、。桜の季節か若葉の季節にまた散策し、城にも上がってみます。

210105松江城2

 北の門を出ていわゆる裏口を降りていく、裏からの登城口の入り口部分、攻め上がって来た敵が階段を上がっていくと3方から攻撃されるようになってますね。

210105裏手登城口

 これは大手門を入った付近から堀川遊覧船の大手前発着場の風景、1日前ならオッサンはここで仕事してたけどね、、。

210105堀川遊覧大手前2

 これは城をぐるっと回って北惣門橋(昔の家老屋敷に通ずる橋)から大手前発着場を臨む、左側は大手前まで家老屋敷があった所、右側は二の丸の石垣

210105二の丸石垣

 そして、堀川を進む遊覧船、この船は他の発着場でお客さんを降ろし、空船で帰って来たようです。

210105堀川遊覧船1

 これは、北堀橋からの写真だけど、船上からこんな風景が見えます。

 堀川遊覧はこちらを見てね

 http://https://www.matsue-horikawameguri.jp

210105北堀橋から松江城2
 
 松江城は去年の2月にもアップしたので場所がダブったものがあるかもね、、、、、。


ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



別窓 | ぶらぶら散策 | コメント:4
∧top | under∨
| 素の暮らし |