FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

永六輔が愛した目玉焼きご飯を作ってみた

 15日の朝食は数日前にふとテレビで見た物を作ってみた。たぶん同じように見た人もおられるだろうが、NHKの「サラめし」だ。その中の最後の方で、永六輔が愛して食べたという目玉焼きご飯だ。作り方はいたって簡単。

 フライパン(テレビでは横浜の中華料理店「揚子江」の主人が作ったので中華鍋だった。)に油を引いてごく普通に目玉焼きを作る。

 白身にまだ透明感があるうちに半分をもう一方に被せて重ねる。そして、醤油と砂糖を少々入れてタレにする。

200516永六輔流目玉焼きご飯1

 あらかじめご飯を盛った茶碗にのせて、タレをかけて出来上がりだ。

200516永六輔流目玉焼きご飯2

 そして、箸でホジホジして黄身を流す。焼きすぎると黄身が固まって美味しくないです。実はこの2日前にも作ってみたが、この時は焼きすぎた。

 実に簡単、でも美味いっす。

200516永六輔流目玉焼きご飯3

 昼食はお好み焼き、我が家は関西風です。
 オッサンが大学に入って最初のバイト先が京都の新京極のお好み焼き屋さんだったので、、、、。京仕込みです(^∇^)

 その店では、お好み焼きの種に山芋を入れてふんわり感を出していた。種の作り方は大将が極秘にしていた。

 この頃は市販の粉に「山芋入り」なんてのがありますね。

200516お好み焼き1

 種にアミエビをいっぱい入れて旨味を増した。この日の具材はイカゲソに豚。
 昼にがっつり食べたい時はお好み焼きは良い。この日は1枚半食べた。

200516お好み焼き2

 家で食べる分には安上がり、本当はビールも飲みたかったけど、午後出掛ける用事があり残念だった。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



別窓 | 男の料理 | コメント:10
∧top | under∨
| 素の暮らし |