FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

日御碕に行って来た

 出雲ドームでの日本とメキシコのソフトの練習試合を見た後に簡単に昼飯を食べ、出雲大社方面に向かった。大社の参道は多くの人が歩いていた。大社前を過ぎ海側に出て7〜8km北上して日御碕に着いた。

 写真の地図では左上の矢印の所だ。島根半島の西の端です。

011123日御碕1

 ここには由緒ある日御碕神社があります。

 「日出る所 伊勢国五十鈴川の川上に伊勢大神宮を鎮め祀り、日本の昼を守り、出雲国日御碕の清江の浜に日しずみ(さんずいにわかんむり、その下がカタカナのルの字)宮を建て、日御碕大神宮と称して日本の夜を護らむ」とある。
 地図上で伊勢神宮から奈良の都に向かって線を引く、そして更にそれを延長していくと日御碕に当たります。不思議ですね〜〜

 現在の社殿は徳川3代将軍家光の幕命で建立されたと言われています。朱色の鮮やかな社殿です。

011123日御碕神社1

 ここは拝殿

011123日御碕神社2

 そして、拝殿の後ろには本殿があります。

011123日御碕神社3

 そして、100mほど進むと清江の浜に出ます。この日は真っ青の空、そして海、クリアで綺麗です。日本海の荒波に洗われた岩礁、自然の造形美も良いです。

011123日御碕2

 清江の浜の北側には経島があります。経島は宮司家の祖先が天照大神の神託を受けた所として、日御碕神社の神域になっていて入ることができません。

011123経島1

 港を守るために防波堤がありますが、経島には繋がっておらず、気持ち入れないようにしてあります。入るのは神職だけです。写真の右端の中程に鳥居が見えます。

 経島はウミネコの繁殖地でもあります。人が入らないのでウミネコにとって楽園でしょうか?
 

011123経島2


011123経島3

 海辺の道を上ってしばらく行くと家々が見えて来ます。
 あちらこちらでこうして干物が作られています。これはノドグロですね。

011123干物作り1

 こちらはイカにカレイ??海に近い漁港の風景ですね。

011123干物作り2

 日御碕にも多くの観光客が来ます。土産物屋などがあり焼きイカやサザエの壷焼きなども店先で売っています。そして豊富な海の幸で色々なご馳走も、、、、、。海鮮丼などが多いですね。

011123海の幸のご馳走

 そして、さらに行くと日御碕灯台です。海面からの高さは43mちょっとだったか?東洋一の灯台と言われています。上まで上がれるそうですが狭い階段を上って下りて30分近くかかるとかで止めました。

011123日御碕灯台1

 角度を変えて望みます。

011123日御碕灯台2

 日本海の荒波が岩を砕き、侵食しています。
 岩の先の方に出ている人がいますが、オッサンは怖いので行きません。なんか下を見ると引き込まれそうな気持ちになる。止めとこ止めとこ、、、、、。

011123日御碕3

 若い頃、行って以来40年以上ぶりでしょうか??この日は天気も良く素晴らしい眺めでした。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



別窓 | ぶらぶら散策 | コメント:5
∧top | under∨
| 素の暮らし |