FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指すおじさんの日記

蕎麦づくりはまだまだ練習中

 盆前後は9.5連休でしっかり休んだ。とは言えどこかに行く訳でもなく、家の周りをウロウロしていたか??

 まあ〜今年は初盆でもあるのでこれは外せない。14・15日は実家へ行った。

 14日は、親戚も時間がずれながら来た。そんな中、寺の和尚さんが来て拝まれる時に一番近い従兄弟も来た。和尚さんが帰ってから従兄弟に蕎麦打ちを習った。

 この従兄弟、畑で蕎麦を栽培し、蕎麦粉を挽き、自分で打ち、地域の行事などでも蕎麦を打って提供している。49日の時、蕎麦打ちの話題になり、この度、直々に習うことになったものだ。

 蕎麦打ちは、一度だけ講習会に参加したが、その後、やっていなかったので、まあ〜全くの素人のようなものだ。これは従兄弟が蕎麦を切っているところ、、、、。

010814そば作り1

 これはオッサンが蕎麦を切っているところ、なんか上の写真に比べて恐る恐るやっている感じですね、、、。

010814そば作り2

 習うよりまずは慣れろと2回分の蕎麦粉と振り粉を貰った。

010818蕎麦作り1

 習ったことを忘れないうちにと、18日の日曜日に蕎麦を打った。蕎麦打ち用の捏ね鉢ではないがうどん・パスタ用で使っている捏ね鉢を代用してやった。

 ここで肝心なのは水を入れすぎないことだと、、、、。入れ過ぎるとまず失敗、ある程度入れてから混ぜて馴染ませる。そして少しずつ水を足して馴染ませ混ぜる。
 
010818蕎麦作り2

 そして、捏ねていく。上から体重をかけるようにして捏ねる。捏ね終わったら丸めて団子状にする。

010818蕎麦作り3

 その後、振り粉を振って麺棒で延ばす。ここの所は作業中で写真は撮れず、延ばした生地を4〜5折りにして、半分にしてから蕎麦切り包丁で細く切って行く。

010818蕎麦作り4

 この蕎麦切り包丁は、妻の実家の倉庫から出て来た年代物の包丁だ。蕎麦を切る時に添えるこの板状のものはホームセンターで買って来た。それと麺棒も、、、麺棒も年代物があったがあまりにも古く新調した。

010818蕎麦作り5

 太かったり細かったり、、、まあ〜それなりに蕎麦が出来上がった。
 この休みの最後におさらいをしてみたが、まあ〜大体はできたか?
 水の入れ過ぎ注意が頭の中にあってちょっと硬かったか??捏ねる時に手水を付けてもう少し柔らかくした方が良かったかな?

 それと、生地を折りたたむ時の所作がイマイチ、これは動画を見るか、または従兄弟にもう一度見せてもらうかだ。

010818蕎麦作り7

 蕎麦処の出雲の地、50代くらいに覚え、退職してから本格的に蕎麦打ちをする人が多い。高じて店を出す人もいるくらいだ。オッサンも遊びがてらやろうやろうとは思っていたが、蕎麦粉の安定的な入手が課題だった。でもこれからは従兄弟の所で作っているので分けてもらえる。そろそろ足らない道具も買わなくちゃ、、、、。

 粉から蕎麦を打つ、「素の暮らし」の幅がまた一つ広がった。
 金を出して買えば良いのではなく、素朴に優しく丁寧で緩やかな生活、まあ〜これからは時間だけはあるので、、、いやいや時間はだんだん減って行くか????楽しく中身のある生活がしたいですね。

 もう2〜3回練習して、年末には新しい蕎麦粉を貰いに行き、併せてそこで打って免許皆伝????
 年末までには蕎麦用に使う辛味大根の「オロチ大根」を栽培して、そしてベーコンも作って物々交換だ。いやはやこういう田舎暮らしも楽しいもんだ。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



別窓 | 日頃のこと | コメント:8
∧top | under∨
| 素の暮らし |