FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

旬の素材の晩酌セット

先週土曜日は1日中、アチコチにバタバタしたので晩飯作りは免除で妻が作った。でも1品だけはオッサンです。

 まずはもう終わりかけの菜花で胡麻和えです。来年の1月頃までお預けでしょうか?

310420菜花の胡麻和え

 現在、妻が筍の水煮作りに精を出しているが、筍の先っぽの方にある柔らかい姫皮は入れないのでたくさん姫皮が集まります。これを使って中華風にピリ辛の1品を作ります。酒にも合うしご飯にもバッチリ合いますよ。桃屋のピリ辛のザーサイのような感じです。

310420姫皮のピリ辛煮

 そして、帰りにちょっと酒を買いにスーパーに寄ったら「小田エビ」があった。これは中海で獲れる小さい小さいエビです。この頃、あまり見かけなくなったが、安く出ていて早速ゲットです。これを炊いて食べるととっても旨いです。ご飯の友に最高です。

310420小田エビの煮つけ

 そして、オッサンが作ったハマボウフウの酢味噌和えで晩酌セットです。小田エビだけは買ったものですが、あとは採取品です。そして、小田エビだって宍道湖に続く中海の産、地元の旬の食材で晩酌セット、もう言うことないです。地産地消の極みでしょうか?

310420晩酌セット

 そして、お供は安来市広瀬町の造り酒屋の「月山」です。月山と言う山には戦国時代尼子氏の居城の富田城がありました。尼子氏は戦国時代末期毛利氏と覇権を争い敗れました。有名な武将に「山中鹿之介」がいました。彼の言葉に「我に七難八苦を与え給え」ってのがあります。これを素流人風にすると「我に七楽八喜を与え給え」だ〜〜〜

310420お供

 そこの特別限定純米酒「富田川ボッカの詩」です。ボッカは魚の名前です。このラベル、地元の和紙で地元の作家のデザインで地元に拘ってますが、なんか垢抜けませんね(^∇^)ノ

310420富田川ボッカの詩

 その他、筍が入った筑前煮のような煮しめ

310420煮しめ

 そして、筍が入った炒め物も登場です。この日は義母も呼んだのでご馳走でした。

310420夕食

 でもまあ〜そこら辺のものが多いです。都会ではなかなか味わえない田舎ならではのご馳走です。まあ〜日本人は元々草食動物、足は短く腸が長い、草を食っていた方が合っている。でも、この頃は草ごときだが高いし、肉や油や乳製品の味を覚えてしまって肉食動物になってきた。その所為で肥満も増えいろいろと病気を誘発するようになったんかな??

 みなさ〜〜〜〜ん、頑張って草食いましょうね、、、、、、。と言っても歳とったら肉食わにゃいかん、、、。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



別窓 | 日頃のこと | コメント:9
∧top | under∨
| 素の暮らし |