FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

料理が出来る男は無敵であ〜〜〜る

 強い台風19号は奄美諸島を通り東シナ海へ、九州は強風域に入っているので気を付けて下さい、そして台風20号は四国を目指している、それにしても今年は台風が多い。

 さてさて、きょうも読んだ本だ、久し振りに図書館に行って引っ張り出して来た本だ。

 昔の男は「男子厨房に入らず」だったが、この頃は共働きが多くなって作らざるを得ない男が増えている。また4人に1人は結婚をしない世の中になった。これじゃますます少子化が進む。
 料理については、この頃はコンビニでいろいろ売っているし、中食も多い。また簡単なインスタント食品や〇〇の素なんてものもあって男が料理するのも随分楽になった。

 それでも料理はしないお方もあるようだ、、、、、。オッサンはある漫画を見たのが大きなきっかけでかれこれ30年以上、休みになるとキッチンに入り浸っているが、、、、。

 この本を読んでいろいろその効用が書いてあってなるほど、、、、、とか思った。

 ①自立出来ること、、妻が病気になったり離婚しても自分で出来ること
 ②手を使いいろいろ創造するので惚けにくいこと
 ③家族など回りの人に喜ばれること
 ④いい気分転換になること
 ⑤いろいろ段取りし、同時並行でいろいろやるので仕事の段取りなどにも役立つこと
 ⑥食べることは大切で愉しいことであり、簡単に話題になり会話のとっかかりになる

 などなどたくさん書いてあった。

 オッサンの仕事が大変忙しい時期、子供との会話や一緒に作ったりしてその距離を縮めるのに役立った。とても忙しく子供を連れて遊びに行けなくてもパンやパスタを捏ねて粘土細工のようにしていても愉しいひと時は作れた。
 よく、どこにも行けなくても夕方、子供と一緒にキャッチボールする短い時間でも子供には愉しい思い出だと聞くことがある。それと同じかな?

 また、忙しくて休みの日で仕事が気になることもあったが、料理をしている時はそちらに必死で忘れていた。出来上がればこれは旨いとかちょっと塩辛いとか言いながら会話も弾む。

 料理はやればやる程その技術は蓄積されてマイナスになることはまずない。まあ〜プロになることではなくてもそれなりに出来るのは良いことだ。
 
8月に読んだ本1

 この本、料理の出来る男は無敵と言うけど、作れば作る程、妻がやらせるので恐い恐い妻がさらに増強するので無敵じゃありません(笑)。

 無敵じゃないオッサンが作った鶏の空揚げ

 塩麹、醤油、ニンニクドバッと入れたタレに漬け込んで片栗粉をまぶして揚げた鶏の空揚げ

8.11空揚げ

 今年たくさんできたジャガイモの消費活動でカレー炒め

8.11ジャガイモのカレー炒め

 インスタントを使ってチャプチェ、手抜きもします。

8.11インスタントチャプチェ

 30年以上もやっているといろいろ出来ますが、年とともに惚けて来て変わったものはどんどん忘れていってます(笑)

 オッサンより上の世代、団塊の世代より上の人は今更あまりされないと思うが、若い人たちは時代も変わって来ているので頑張ってね〜奥さんもフルタイムで仕事してその上に育児に家事、そりゃ〜大変だよ。家の中でも働き方改革しなきゃね。
 
 と言ってやらせられるのは愉しくない、楽しみながらなら、ちょっとだけ手助けにもなるので効用は大きいです。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



別窓 | 最近読んだ本 | コメント:6
∧top | under∨
| 素の暮らし |