FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

冬枯れの畑だけど食べるだけはなんとか、、、

 休みに入った金曜日、この日は最高気温が10度近くまで上がった。そして、雨や雪は降っていなかったので畑に行ってみた。でも土は相変わらずドロドロで耕運機で起こすなどの作業は無理です。今は諦めてじっと待つしかありません。ファイアーして片付けたいけど、これも濡れていて出来ません。

 まさに冬枯れの畑です。

2.2畑の様子

 そんな冬枯れの畑、野菜も寒さと風のため痛んでいる。

2.2痛んでる野菜

 隣の耕作放棄地、夏は草ボウボウだけどこの時期だけは草も「マイッタ」していて自由に入って行ける。春の筍掘りのためここも整理しなくちゃ、、、、。

2.2耕作放棄地

 我が畑と耕作放棄地との境に植えていたタラの木がどんどん増殖している。ちょっと増え過ぎで、ある実験を思い付きノコギリを持って来て数本切った。

2.2どんどん出るタラの木

 ニンニクとタマネギは風雪に耐えなんとか生きている。でもタマネギはだいぶん被害を受けている。辛いなあ〜

2.2ニンニクとタマネギ

 不織布をベタ掛けしておいたそら豆とサンチュ、なんとか生きている。今週は再び寒波が来るので剥がさずそのままだ。寒さが少し緩むだろう2月下旬頃には取ってやって伸び伸び育てたいものだ。

2.2そら豆は生きてるようだ

 のらぼう菜はちょっとクターっとしているが、寒さにも強いのでまた復活して来るでしょう。こちらは旬が2月の後半から4月にかけてなので野菜の端境期に頑張るスターとなる予定。

2.2のらぼう菜

 だんだんハウスに近づいて来てハウスの中へ、ハウスの補修材があります。両サイドには金具、ビニールは妻実家に仮置きです。早るおじさんが調達してくれたものだ。

2.2ハウスの補修材

 プランターのサンチュ。これはズラシ栽培用のため無理矢理プランターのままで成長を抑えている。といっても露地物は寒さで大きくならないけど、、、、。

2.2サンチュ

 ハウスの中では未だにポットの中で待機中のエンドウだ。もうこうなったら、年が明けて定植してできるかの実験だ。年明け早々ならいざしらず、この分だと2月後半だ(笑)。
 2月後半に定植して上手く出来れば、それはそれは良い発見だ。案外瓢簞から駒かもしれない?????世間の常識を覆す発見になるかも???
 納豆のように「しまった腐った」と思ったら発酵していてより旨くなったというように失敗からいろんな物は発見されている。オッサンも失敗から、、、、でもたいしたことじゃないね(笑)。

2.2未だにポットのエンドウ

 ハウスの最奥部では菜花が大きくなって来ている。ハウスのビニールが破れることがなかったら今頃はヌクヌクと育ち既に若芽を付けていただろうに、、、それを出荷して、、、と目論んでいたが、見事に失敗だ。それでも露地物より大きく元気だ。これものらぼうなと同様にこれからの期待の星だ。

2.2菜花

 露地物の壬生菜は痛んで固いけど、破れたハウスの中でトンネル栽培の壬生菜は爆発寸前に大きくなっている。その中の1株を採ったでーの1/3くらいなのを200円くらいでスーパーでは売っている。とするとこれ600円???

2.2壬生菜採ったでー

 冬枯れで畑は荒れてはおりますが、何とか我が家で食べる野菜+アルファくらいは供給してくれます。今日は紹介してませんが、もちろん大根や白菜やネギやカブなどは一応採れてますので、野菜の高騰なにするものぞです。

 ハウスのビニール破れてなかったらいろいろ出荷出来たのになあ〜しかも今年は高いと来てる、、、、、、。諭吉さんがどこかへ飛んでった、、、、。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



別窓 | | コメント:6
∧top | under∨
| 素の暮らし |