FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指すおじさんの日記

穏やかな新春の寿

 2017穏やかな正月、酒も飲み心も体も緩み放しだ。

 午後のお茶の時間、妻が年末に予約で買ったお菓子をいただく。松江は日本3大お菓子処(和菓子)、老舗の「彩雲堂」さんの正月限定のお菓子です。

 お菓子「雲州」

1.1お菓子雲州

 そして「伯耆富士」、伯耆富士とは名峰大山のことです。

1.1お菓子伯耆富士

 そして、ほのかなさくらの香がする「日の本」

1.1お菓子日の本

 最後にたたら製鉄もチーフにした「奥出雲」

1.1お菓子奥出雲

 4種類計8個のお菓子です。値段は2300円だったそうです。菓子は上品で美味しく、菓子職人の気持が込められていた。

1.1お菓子由来

 松江は茶処、抹茶と一緒にいただきます。いつもは粗野なアラ還親父も何となく気持も優雅になります。

1.1お菓子と抹茶

 これはおまけの花弁餅、これも旨いです。真ん中には牛蒡を使っています。ケーキや洋菓子も旨いけど和菓子と抹茶も良いものです。
 隣では、姫たちが百人一首を始めた。これもなかなか良い正月の光景だが飛び交う言葉はとても結婚前の女性の言葉とは思えません、、、、、、。

1.1花弁餅

 一転、物騒な物が、、、、、。
 これは妻の実家で見つかった蕎麦切包丁です。年代物で(たぶん明治・江戸頃?)柄の所は虫食いになっていた。この包丁、亡義父が生前探していたが見つからなかった物だがふと出て来た。刃物研ぎが上手い姫1号が研いだ。

1.1蕎麦切り包丁

 そろそろ蕎麦打ちも覚えにゃ〜あかんかな?

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



別窓 | しまねの美味いもん | コメント:19
∧top | under∨
| 素の暮らし |