FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

ちょっと遅いが今年も味噌仕込んだ

 今度の3連休は畑もあったが、全部で4つのミッションがあった。

 一つは、お彼岸でもあるので墓参り(実際は墓まではいってないが、、、)と両親の話し相手

 二つ目はソフトボールの練習試合、これは遊びだがチームでやるスポーツ、余程のことがない限りドタキャンは出来ない。

 三つ目は、ブロ友さんに送っていただいた大豆で味噌づくりだ。

 そして四つ目が畑仕事だ。

 ということで連休3日目は朝から味噌づくりに専念した。

 「オッサンの朝は早い」というフレーズはかの熊本の方だが、松江のオッサンもこの日は4時起きだ。休みの日には眠たくなったら寝れば良いので早起きだ。

 前日に水に漬けておいた大豆2kg

3.21味噌作り1

 これを大鍋で2つで茹でた。コトコトと、、、、。

3.21味噌作り2

 前日にJAの産直で買った米麹、近辺の人が作った物だ。なんか知らないがコシヒカリを使っているとか、、、。これで麹は旨くなるのか????買った麹は2kg。
 実家では昔、家で麹を作っていた。母親が生存中に作るコツを聞いておこうかな、、、。大豆作って、麹作って、昔は家で味噌を作っていた。よく手伝わされたもんだ。

 昔は貧乏で金を使わず自家製だったが、この頃では、こうした手作り味噌が珍重されるからたった50年ほどで日本も変わったものだ。安売りの味噌は粉砕された輸入大豆なんかが使われているそうだが、、、、、。

3.21味噌作り3

 茹で上った大豆は、煮汁を切ってちょっと冷ましてから、半分の大豆(1kg分)に麹を1kgを解し、塩を400〜450gくらいを混ぜた。

3.21味噌作り4

 そして、これをミンサーで潰して行った。このミンサー元々はソーセージを作るために買った物だ。このミンサーを買ってからはソーセージはまだ1回しか作っていない。この頃、羊の腸の入手が難しくなり、そして高くなっているためだ。
 でも、こうして味噌づくりでは活躍している。潰し終わると、大豆の煮汁を足して程よい固さになるよう混ぜ合わせ、その後味噌団子を作る。

3.21味噌作り5

 そして、漬物用の樽にビニール袋を敷いて、味噌団子を強く投げ込んで行く。空気が入らないようにかな????
 最後に、ヘラで慣らして平らにしてラップで覆い、そして袋の口を縛って終了だ。

3.21味噌作り6

 味噌は寒仕込みと言って1〜2月が最適だ。3月になったが、まあ〜たぶん大丈夫だろうと言いながら不安だが、、、、。昨年初めて作ったが、味噌って意外と大雑把でも出来る。その理由は何か?素流人の腕、いや違いますよ、麹菌の大活躍です。発酵食品は偉大だ。少々の失敗は包み隠してくれる。

 この後は2回くらい天地返しをして、上手く行けば11月頃には食べれそうだ。まあ〜もっと早く食べ始める人もいるらしいが、何とか連休最終日の午前中に第3のミッションを成し終えた。

 でもいただいた大豆は4kg、残り後2kgだがこのオッサン今度は豆腐づくりで使い切りますよ〜〜〜
 いただいたブロ友さんの気持に応えるためにも、、、なんと言っても手作りの国産大豆、大事にいただかなければ、、、。
 豆腐づくりは何番目のミッションか????????? ありがとうね〇〇さん。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



別窓 | 男の料理 | コメント:18
∧top | under∨
| 素の暮らし |