FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

松江の堀川遊覧はのんびり良いですよ

 やっと週末が来て休みです。でも、外では結構強い雨音がする。せっかくの休みだが畑も出来ず、週末農民は悶々とする。24節季では「雨水」、氷も雪も融け出す頃だ。

 週末の朝、畑はもちろん料理ネタは尽きてますので、松江ぶら歩きの続きです。今回は一応これで最後です。天気も良く暖かくなったらまた違ったエリアを歩きます。

 松江は城下町、城を中心としてたくさんの堀がある。もともと松江は江戸初期に築城に当たり山を削り、その土を埋めた所(ぶらタモリより)なので堀を掘ったというのは適切な言い方ではないかもしれません。

 昔は船を利用して物資が運ばれましたが、近年車に変わり堀は埋められ道路に代わって行ったけど、所詮小さな街なので堀はまだまだ残ってます。

 松江観光のお勧めの堀川遊覧です。遊覧船が始まったのは20年ほど前だけど、その前にカヌーで2回ほど回り、始まってからは2回ほど堀川遊覧に乗った。案外地元の者はそうそう乗らない、乗ったのは両親を乗せた時と友人の観光に付き合った時です。

 市内に3〜4カ所乗り場があるが、ここは大手前乗り場

 家族連れやカップルが乗って行きます。今の時期は炬燵がある。年配の男女の船頭さんが味のある説明や歌を披露してくます。結構和気あいあい楽しいです。一人で乗っても狭い船の中、知らない人同士が話したり、、、、、出会いが生まれるかもしれません。

2.7堀川遊覧5

 大手前をスタートして行きます。

2.7堀川遊覧1

 城の北側にある武家屋敷や小泉八雲旧居前を通り、城の西側を南進して行く。

堀川

 城の西側には鬱蒼とした森がありその中を進んで行きます。視界が開けると著名な建築家(菊竹氏だったか?)が設計した県立図書館や県庁裏手を通り、一番の難所である、狭く・低いボックスカルバートを通ります。

城山裏の堀

 そこを抜け、船は東進し、ここは広く一番スピードが出せるとこで、船も颯爽と進む。

2.7堀川遊覧3

 京店付近のビル街を抜けて行く、これは旧日銀の建物で今は商業施設に使われている。

2.7堀川遊覧4

 そして松江日赤の裏を北進し、その後曲がって西進してしばらくすると開けて来て、城山と松江城が見える。

松江城堀川遊覧2

 車から見る視線より低く、普段行けない所も通り、コンパクトに説明付きで回れるのでお勧めですよ。田舎ならではの味わいもあります。

 この地方への観光はどの時期がいいか???普通なら天候が良い4中旬以降・5月、9中旬以降・10月ですが、これは何処も同じでしょうか?11月も良いですね、こちらは神在月で神事も多いですね。夏は暑いです、、、そしてカニがありません。暑いのは全国どこもか???
 3月下旬と12月・1月・2月前半はは避けた方がいいかな?3月下旬と12月は温泉など地元の者が宴会してます。1月・2月前半は寒いし天気悪いです。

 食いしん坊にはちょっとだけ暖かく天気もよくなって来ている3月初めなども良いです。温泉に浸かって、無口になってただひたすらカニ、カニ、カニ、、2月はカニ小屋もある。そして、まだ寒いこの時期魚の身は締まっている。地酒を嗜みながら良いですよ。

 少しだけ昔の写真使ってますので、見た事ある写真があるかもしれませんが悪しからず、、、、。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



別窓 | ぶらぶら散策 | コメント:9
∧top | under∨
| 素の暮らし |