FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

小泉八雲が良く行った城山稲荷神社

 城山裏手を降りると東西に走る道があり、100mほど西に向かって行くと城山稲荷神社がある。明治時代ラフカディオハーンこと小泉八雲が松江に1年ちょっとだったかな?住みました。そして、せつと結婚し、多くの怪談などの作品を書きました。

 彼はお城の北の武家屋敷の西の端辺りに住み、城山を良く散策し、この城山稲荷神社もお気に入りのスポットだったようです。

2.7城山稲荷1

 お稲荷さんですので、コンコンさまがお迎えです。アイルランド人だった彼には日本の国が新鮮にそして神秘的に感じたのでしょう。特に日本の古き面影が残る松江には、、、。

2.7城山稲荷2

 参道を上がって行きます。

2.7城山稲荷3

 境内に入るとまたまたコンコンさま

2.7城山稲荷4

 ここにも

2.7城山稲荷5

 ここにも

2.7城山稲荷6

 そしてここにも、、、、。

 これだけ、コンコンさまがいらっしゃいますと日本人の私でも神秘的な異空間にいるような感じになります。彼にとってはもっと鮮烈だったのでは??この出雲の地で見る景色・習慣・文化、この体験が彼に素晴らしい作品を書かせたのだと思う。

 松江、そして出雲地方には、まだまだ日本の面影が色濃く残っています。まあ〜それだけ田舎なんですが(笑)。

2.7城山稲荷7

 拝殿は、何の変哲もない建物ですが、、、、。でも静かで狐に馬鹿されているような時間がなかなか良いです。

2.7城山稲荷8

 普通の観光コースでは、ここから小泉八雲旧居・武家屋敷と散策コースとなっています。

 ガサツなオッサンでもたまにはこういう時間は良いものです。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



別窓 | ぶらぶら散策 | コメント:8
∧top | under∨
| 素の暮らし |