FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指すおじさんの日記

日本海に沈む夕陽

 隠岐に日帰り出張、隠岐へのフェリーが出る七類港に向けてGO

 乗船して、島前(隠岐諸島の西側3つの島)回りのフェリーでは、物資を運ぶトラックが吸い込まれて行く。



 この人たちは、遊びに行く人、日本海に浮かぶ隠岐は釣り人のメッカ、多くの釣り師達が竿を担いで乗って行きます。因に私の兄も良く島前に行きます(但し、七類港から直行の遊漁船に乗りますが)。



 船が陸から離れる時って、何となく特別な思いがある。



 1時間ちょっとすると島前の島々がくっきり見えて来ます。昨日は大気の状態が良かったのか、本土付近からも薄らと隠岐が見えた。



 滞在時間は、そんなになく、隠岐の風景はあまりないけど、またいつか、隠岐にいたときの物があるのでアップしてみます。それでも西郷の街中を流れる八尾川に係留されている漁船と神社、のんびりした風景です。



 神社の境内の木だけど、道路を作る際に切られたのか、大きな立派な木だったようだ。でもその木は別の所から上の方向に伸びて行った。



 3時過ぎに帰りのフェリーに乗船、日本海に浮かぶ島々を潮風を浴びながら見るのは気持ちが良い。あまり寒くもない。そしてべた凪、船は揺れることもなく快適だった。単身赴任中は何回も乗った。時には波高が4〜5mの時もあった。ただ、このオッサン、大体に鈍感なようで船酔いしない。そんな時でも平然と本を読んでいる。
 (人に言わせると、お前人間か?漁師とチャウカ?と)



 再び本土に近づく頃、日本海に陽が沈んで行く。ちょっと雲がかかっていた。だから写せたと思うけど、雲がなかったらまともに太陽だから、、、、。

 日本海の夕陽を見て感傷に浸っていると、携帯がブルブル(マナーモード)



 妻からのメールだ。

 「9時頃に姫3号も合流して3人一緒に帰る。軽く食べるけど家飯が食いたい。作っておいてね」と指令メール

 「オッサンは仕事、お前達は遊びだろ、、、一応姫3号は仕事だが、研修という名の旅行みたいな物』

 心の中でブツブツ言う素流人。

 しかし、向こう3人を敵に回すとますます居場所がなくなる、、、、、、

 下船後、ブツブツ言いながら買い出しに向かった。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



別窓 | ちょっとだけ遠出 | コメント:5
∧top | under∨
| 素の暮らし |