FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指すおじさんの日記

香港・マカオ旅行12 〜香港島〜

 今朝、起きると雪が15cmほど積もり銀世界でした。朝、急いでいて写真は撮り忘れた。

 さて、香港・マカオ旅行も4日目、早く目が覚め荷造りなどをした。マカオの朝、リスボアホテルも見納めだ。でもちょっとこの異様な光景は印象的だ。
 朝食後、タクシーで外港に行き、高速船で香港に向かった。香港には10時半頃に着き、ホテルに荷物を預け、直ぐに香港島に向かった。

朝のマカオ3

 香港島に向かうフェリーは安い、2.4香港ドルで、自販機で緑色のプラスティックのコインのようなものを買い、それを機械に通して入場した。フェリーから見る眺めは近代的なビル街だ。

香港島2

 フェリーを降りると道路を横切ることなく歩道橋がずっとつながっていた。

香港の街並3

 80〜90階くらいあるビルが林立していた。

高層ビル2

 このビルの谷間、歩道橋の下の路上で多くの人がいる。ほとんどが女性だ。この日は日曜日、この集団はいったい何だろう???中国人はほとんどいない。フィリピーナが多い。はて何の集団だろう????

●路上の集団1

 その後、乗ってみたかったトラムでワンチャイに向かった。トラムの料金も2.3香港ドルで安い。

トラム3

 近代的な高層ビルがある一方でこんな露天が同居している。

●ワンチャイの露天1

露天1

 ワンチャイは庶民が使う市場があり、こういった肉屋もあった。これを見るとある意味香港だなあ〜と思う。

市場の肉屋

 新しく整備された市場もある。その他、色々な店があり見ていると愉しくなったが、中国の物であまり買う気はしなかった。

新しい市場1

 街中を歩いているとこんな求人広告があった。

求人広告

 香港は、貧富の格差が世界一の街だ。世界の金融の大きなマーケットではあり、とてつもなく裕福な人と、畳1〜2畳に住むとてつもなく貧乏な住民が同居する街だ。日本の貧富の格差なんて比じゃない。日本の旅行雑誌は香港の煌びやかな部分だけどこんな香港がホンマモンです。でも貧乏人はそこに親しみも感じます。

 今日のニュースを見ると尖閣諸島だけでなく中国が南シナ海に出て、色々とトラブルを引き起こしている。この国は、未だに中華思想なのか?小学校の問題児なのか?

 周辺諸国に、問題ばかり投げ掛ける大人の振りをした問題国だ。PM2.5にしても自分の国で処理してほしいもんだ。でも彼の国内部闘争でそれもままならないようだ。中国4000年の歴史が生きている。急速な高齢化様々な問題を抱えている。問題はそれだけではない。そして日本もこれからの高齢者問題が大変だけど(特に東京を始めとする大都市、田舎は既に超高齢化、人口的にはそう高齢者は増えません。)、中国はもっと悲惨な状況に落ちる。中国、これ自己崩壊要素を一杯持っている。それだからこそ中国共産党幹部は目線を外に向けているのかもしれません。


 

 さてさて、あの集団は、フィリピンの女性達です。香港は貧乏人も多いがとてつもなく金持ちも多い。その金持ちのメイドなんです。この日は日曜日、ご主人一家は家にいるので家には同胞を呼べない。なので同胞が街の中でこうして集まっているんです。ちょっと寂しい気もするけどこうしてたいした物はないけど集まって楽しんでいるのは人間の原点だね、、、、。お金で物を買って裕福そうにしていてもこれに勝る物は本当はないと思える。

 長々の記事読んでいただいてありがとうございました。今週は長い休みの後疲れました。仕事は置いといて明日からの3連休、素流人は私なりに楽しみたいと思います。皆様も良い3連休にしてください。そうでない方は申し訳ありませんが、別の機会に愉しいんで下さい。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



別窓 | 旅行 | コメント:2
∧top | under∨
| 素の暮らし |