FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

古の昔からの玉造温泉

 週末、香港・マカオ旅行はちょっと休憩、昨日は玉造温泉で泊まりで忘年会だった。「紺屋」旅館に泊まった。

 愉しく、美味しく、そして温泉浸かった。昨夜、一度入り、今朝は6時に起き露天風呂でじっくり入った。浮き世の垢を落とした。というよりは水をしっかり飲んで酒を抜いた。


 旅館の前には、こういった風に書かれていました。出雲は神話の地、縁結びの地、今年は出雲大社の遷宮で人が多い。旅館の人に聞くと東京などからも多いとのこと、そして話しかけた人も北九州から来ていた。

 貧乏県なのでいっぱい人が来て潤うことは良いことだ。旅館のなかにも若い女性のグループが多い。風呂上がり、、、、。色っぽいね〜〜〜〜。それだけでも来た甲斐があるというものだ。

 玉造温泉は古からの湯だ。ここで若い二人が夜なべ仕事に励むと男の子ができるなどと馬鹿なことを冗談で言っていた。



 朝ご飯もシジミの味噌汁もあり美味しかった。遠くからくるお客さんにも好評の様でシジミの味噌汁をお代わりされるそうだ。わたしはここぞとばかりご飯をお代わりした。家では絶対ないのに、、、、。あさましい奴じゃ、、、。というより他に泊まると食が進む。

 8時半頃には、みんな三々五々散らばり、私は温泉の外れにある玉作湯神社に行ってみた。

 近くで良質の石を産出し、古くから作られて来た。そして今も買い求める人が多い。



 本殿



 そして、「願い石」、「叶い石」、裏山から湧く水を石にかけて祈る。

 近年旅行雑誌等で取り上げられ、人が多い。パワースポットの一つだ。



 そして、8時半過ぎだというのに人が来ている。若い女性が多い。良縁を求めて????

 他力本願ではなく、自分で頑張れ、、、、。高齢者県の島根だがここは違う。







 おじさんは若い女性を見ると嬉しくなる。そして、だらしない顔になる。

 さて、やっと来た週末楽しまなくちゃ、、、、、。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

別窓 | ぶらぶら散策 | コメント:0
∧top | under∨

香港・マカオ旅行 6 〜夜のセナド広場〜

 今回は今日の朝に書いて、予約投稿しました。アップの時間には玉造温泉で御馳走を前にお酒を飲んでいることでしょう。今年は、出雲大社の大遷宮で島根を訪れる人が多く玉造温泉は繁盛したようです。
 団体も多かったけど、女子旅のグループが良縁を求めて来たとか??????浴衣姿の若い女性が歩いていないかな〜〜〜。色っぽいだろうな〜〜〜〜〜。

 さて

 前回、アップし忘れのスーパー「未来」、飲み物等が山積みされていた。別のところにはビールが、、

●スーパー来来1

 途中の市場のような所で疲れて食べた甘い饅頭。見た目はきれい、味はノンベエには甘かった。

市場で食べた饅頭

 ワインなど色々買いものをしたので一旦ホテルに帰り荷物を置き、ちょっと休憩して、再び夕食に出掛けた。

 セナド広場を過ぎ、ちょっとしてから右に折れ大きい通りを渡り、ヤオハンに行った。店内を色々見てから7階か8階にあったフードコートで夕食を食べた。

 指差しで注文しセルフで自席へ持って行く。まだマカオに来て1日目、まだまだ様子があまりわからないが多少は慣れて来た。

●1日目夕食3

 妻は、夜も麺

●1日目夕食1

 私は辛酸っぱいビーフン

●1日目夕食2

 小籠包に焼売に饅頭

●1日目夕食4

 全体はこんな感じ

 先にビールを飲みながら点心を食べたら結構腹一杯になって、ビーフンは食べきれなかった。旅に出ると途中で何かと買って食べるのであまり腹が減っていなかったかもしれない。

夕食

 ヤオハンで土産のお菓子などを買って、帰路についた。

 セナド広場は人出は減っていた。広場はライトアップされて綺麗だった。

夜のセナド広場1

夜のセナド広場2

 ホテルに帰って風呂に入りワインを飲みながら旅日記のメモを書き爆睡した。それにして朝から良く歩いた。たぶん30000歩くらいは歩いていただろう、、、、。マカオはコンパクトな街、歩いて愉しい街だ。旅に出るととにかく歩くのが我々の旅スタイル。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
別窓 | 旅行 | コメント:0
∧top | under∨

派手じゃないけど 田舎のイルミネーション

 田舎だけど、それでもこの時期クリスマスに向けてイルミネーション。

 こんなのおじさんには向かないが、今日は忘年会第1弾、そして松江駅前に、、、。でもどこか侘しく寂しい。

 それでもこんな田舎だけどまあそれなりに駅前にはイルミネーションがあり元気づけてくれます。



 でも、ノンベーのおじさんはこれがもっと元気にしてくれます。ちょっと見えにくいけど脇の方にカニ、、、と。

 ここ山陰は、そうマツバガニの本場です、山陰ではマツバガニ、北陸では越前ガニ、、、。

 東京のように今風の美味しい物はないけど、、、、。思う存分山陰の美味しい物を、、、エヘヘ、内緒で、、、。
 
 でも、どうだと美味しい物をアップしたいと思います。都会地の料亭では目をむくような値段だけど、地元の市場で買えば、ハッと思うほど安い。まあ足の1本や2本はないけど、、、、。

 このブログを見られる方はヨダレを垂らさないように気をつけてください。でも値段の都合もありますので直ぐには期待しないで下さい。 お た の し み に、、、、。お も て な しではありません、、、、。再びエヘヘ、、、、、、。

 明日は忘年会第2弾、泊まり込み、ブログはお休みかも??????。そして、今日は飲み過ぎおやすみなさい。



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村




別窓 | 日頃のこと | コメント:0
∧top | under∨

香港・マカオ旅行 5

 だいぶ歩いて疲れて来た。そしてホテルにチェックインできる時間になっていたので、ちょっと休憩も兼ねてホテルに向かった。

 鍵を受け取り自室へ貧乏人が泊まるにはゴージャスな部屋だった。マカオにはまだまだゴージャスなホテルはあるけど値段との相談もある。前にもちょっと書いたけど、2泊ツイン朝食付きで36800円でした。日本のビジネスホテルでも東京辺りだと朝食付きで一人10000円近い。断然内容が違う。マカオの場合一人9200円の計算だ。

 口コミランキングでも8位に入っている。応対も良く清潔感があった。

●2日目ホテル3


●2日目ホテル1

 ホテルの窓からリスボアホテルの異様な姿が見えた。向こう側に見える高層の建物あたりがカジノなどが多い地域だ。

ホテルから1

 ホテル周辺は、いわゆる下町的な所でマカオの一般庶民の家や商店が多い地域だ。こうした所を歩くのが好きだ。新しいビル街は綺麗で良いが、無機質で人工的、作られた賑やかさはあるが、ある意味薄っぺら、生活感がない。マカオでなくても味わえる感じでつまらない。

 散歩&探検といった感じでまたまた彷徨った。庶民が行く商店街などが通りに一杯あった。

 何故か門だけが残り後ろの建物は取り壊されている。

●古い建物跡2

 線香が吊ってある。こんな光景はベトナムでも見たなあ〜

●線香

 右に折れて坂を揚がった付近に「未来」というスーパーがあった。海外旅行に行くと必ず現地のスーパーに行く。その国独自の色々な物がある。そして安いのでついつい買いすぎてしまう。

 バターが凄く安かった。日本では関税がしっかり掛かっているから高いようだ。そしてビールが安い。アサヒのスーパードライ等いわゆる本当のビールが350ml缶で70円くらいだった。

 当然買って帰った。そして、今夜飲むポルトガルワインも買った。その他、ちまちましたお菓子などをあれやこれやと買い込んだ。但し、中国製は買わなかった。

●来来の商品1

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村




別窓 | 旅行 | コメント:2
∧top | under∨

香港・マカオ旅行 4

 今日は平日、素流人は写真はなく困っています。

 申し訳ありませんが、2年前の旅行です。(困ったもんだの一声  ごめんなさい)

 セナド広場の反対側のエリアに歩いて行った。この辺、「地球の歩き方」にしっかり書いてある。そのルートに従って歩きました。

 そしてオーガスティン教会。坂を上った所にありました。ポルトガル風?の教会なのかやけに派手な色だ。

オーがスチン教会1

 でも中は荘厳。

オーがスチン教会3

 何と言ってもステンドグラスは綺麗だ。やはりコントラストが良い。
 
オーがスチン教会4

 そして、ドンペテロ劇場、でもお休み中だった。

ドンベテロ劇場1

 しばらく行くと何か変な物が???? でも標識を見て分かった犬のトイレ、ちゃんと標識もある。狭いマカオの街やっぱりトイレが必要なようだ。

●犬の便所

 そして30mも行かないうちに何か分からない建物??? 図書館でした。

●図書館5

 中は充実、そして日本にはあり得ない素晴らしい中庭がありました。こんな図書館、長くいても愉しいし、気持ちが良い。そして写真のほぼまん中怪しげなシルエット、そう我が愛する(怖い)妻です。逆行気味にあまりはっきり分からないのが良い、、、、、。後でお叱りはしっかり受けます、、、。今日は百叩きか、、、、、、、丸が着かないのは終わりがないという意味です。

図書館4

聖ヨセフ教会2

 そして、なんか迷いながら再び街の中心部近く、階段の上の聖ヨセフ寺院、なんか教会を見ながら、そして街並みを見ながら彷徨った。でもこれが愉しい。こんなブラブラ歩き本当に愉しい。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

別窓 | 旅行 | コメント:0
∧top | under∨

昨日の晩飯は質素になっちまった

 昨日は畑仕事終え、妻の指令により帰って早速、晩飯の準備にかかった。

 簡単にすりゃ〜いいものを、、、、。しかし、既に食材は調達していたので、、、、、、。

 直ぐに安かった茹でた豚の白ホルモンをさらに茹でて柔らかくして牛蒡、コンニャクを入れて味噌で味漬けたホルモン煮

モツ煮

 畑で採って帰った大根でふろふき大根、薄く醤油と出汁で味をつけて、胡麻味噌タレで食べた。ホクホク旨い。

ふろふき大根

 貰った白菜のおひたし。

白菜のおひたし

 後は鮭飯、塩鮭を焼き、炊きたてご飯に青じそと一緒に混ぜて、ちょっとアジシオで塩分追加。

 そして、家の野菜を使って卵とじの中華スープを作った。なんとなく質素で安上がりメニューになっちまった。

 ホルモン煮は柔らかく、一味唐辛子を切らしていたので七味唐辛子をかけ旨かった。妻が美味しい美味しいと言っていっぱい食べた。これでまたパワーアップする。あな恐ろしや。

12.1夕食

 蛇足、、、。

 田舎は都市部のように物が溢れてはいない。文化施設や娯楽施設は少ない。そして仕事もない。だから若い者が少ない。あるのは野山と海、人は自然が豊かで良いね〜と言うけどそれしかない。

 でも、人情や人と人のふれあいは都市部よりある。でも鬱陶しい時もあるが、、、、。

 そんな田舎、でも畑で作ってなくてもご近所さんが野菜をくれたりする。白菜・キャベツがないのを知っていて、ちゃんと義母に野菜を分け、だが、義母は年寄り二人では食べれないと我が家が貰う。

 専業の野菜農家のものだ。やはり出来が違う。そこのおばさんは70歳くらいで笑顔のとっても良い人で、いつもニコニコしていて幸せそうだ。

 我が家では笑うおばちゃんの野菜を食べると幸せになると小さい頃から子供達に言って来た。ここのトマトは絶品だ。

 幸せの野菜で昼はお好み焼き、夜はおひたしで食べた。ありがたくいただいた。ごちそうさまでした。

まさ子さんのキャベツと白菜

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
別窓 | 男の料理 | コメント:2
∧top | under∨

この週末はよく頑張った

 畑の方は、新たな種まき等はもうなく、適当に管理して、後は収穫だけだ。但し来年に向けての開拓はあるが、、、、。ということで、昨日は枯れ木焼きや2次蒔きした野菜の間引いたものの一部をビニールハウスに移植した。ここ松江は、年に2〜3回くらい10〜20cmくらいの積雪がある。すぐ融ければばいいが、なかなか融けない時は葉物が駄目になるので、その時のためだ。

 3年前、大晦日から元旦にかけて60cmも積もった(こんなの60年近くの間に2回あっただけ)。そして畑は1月一杯雪が消えなかった。葉物は全滅だった。でもその時義母がハウスで作っていた野菜をもらった。

ハウスに移植した野菜

 妻は、新しいフィールドを耕し土づくりをして、宿根草や花の苗木を移植していた。力強く逞しい。

前の土地を耕す実加

 妻の実家の横の新たなフィールドは、ちょっと前まで親戚が畑で使っていたので条件も良く、早速義母がタマネギやら花など植えている。

脇の畑2

 その脇の畑から、新たなフィールドをのぞむ。果樹などを植えたがまだまだ空き地がいっぱいある。

脇の畑から前の土地を臨む
 
 今日は午後から、素人が土木工事?をした。義母が下の土地に行くのに大回りをしなくてはいけないので、安全にショートカットで行けないものかと、、、常々言っていた。

 昨日ホームセンターに行き、側溝の蓋を買って来た(980円)。そして溝の上に渡し、斜面を降りる階段を作った。

階段工事2

 近くで見るとこんな感じだ。家の前の畑からここを通って下の土地に行ける。こんな仕事になれない親父は頑張りました。その後、畑の様子を見て5時頃帰った。

階段工事1

 そして、その後は週末主夫で夕食づくりだった。ああ忙しい週末だった。ゆっくり本も読めない。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
別窓 | | コメント:0
∧top | under∨

畑の野菜をふんだんに使った晩飯

 今日から12月、一応、冬ということになる。すでに冬のように寒いが、、、、

 畑の野菜たちは順調に成長し、豊かな恵みをもたらしてくれる。

 11月の始めの頃まで虫たちの重要な餌の供給源だったビタミン菜だが、寒くなり虫はいなくなり新しい葉は成長し、初めて収穫した。

 茹でて、コチジャン・醤油・砂糖少々でタレを作り和えて出来上がり、柔らかく、コチジャンのピリ辛で酒が進む。

ビタミン菜のナムル

 先輩のブロガーの方が「美味しい 美味しい」という春菊の天婦羅、揚げたてを食す。確かにこれは旨い。これまでかき揚げの具として入れたことはあったが、それは脇役、主役で食べても旨い。

春菊の天婦羅

 野菜ばかりだと虫のようなので肉を、牛のタタキを作った(簡単なんで料理と言えるか????)。脇には辛味大根
の「出雲オロチ大根」をおろして薬味で食べた。この大根おろしても水気は出ない。おろしてそのまま盛った。ピリ辛でタタキの味を引き立たせる。「まっこといい奴じゃ」。

牛タタキ

 その他、うちの大根・里芋を使った粕汁、うちのカブの酢の物(柿入り)、買った白菜(週末農民は作っていない)と鯖缶の煮物(この前好評だったので作った)。

 ないものもあるが畑の野菜をふんだんに使った晩飯だった。

11.30夕食

 野菜ばかりで、ちょっと貧乏そうかな??? でも、私が子供の頃に比べれば断然良い。飽食の日本、野菜を食べる量が少ない今の日本を考えればこれで良いのだ???

 まあ、どこかで肉・魚・卵・乳製品などを食べて帳尻を合わせているので食のバランス上こういうのも良いんじゃないんかな?

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


別窓 | 男の料理 | コメント:0
∧top | under∨
BACK | 素の暮らし |