FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指すおじさんの日記

老犬と一緒にのんびりした休日

 今日は、妻と三女は、出雲大社に行った。大社にお参りするのではなく、春と秋に行われる骨董市が目当てだ。3女はいつもの休日は8時頃までゴロゴロしているのに今日はさっと起きて用意をした。

 ゴルフがある時、起こされもしないのに早く目が覚めるのと同じだネ。次女は、昨日から義母の家に義弟夫婦が帰っていて、子供が小さいので相手をしに行った。そのため、今日は一人静かな休日となった。

 我が家の老犬(もうすぐ17歳)は、一応元気で未だに我が家の人気者だ。でも要介護状態なので長い間、家を空けられない。今日は家で一人のんびり料理を作ったり、整理をしたりして老犬と過ごした。

コン2

 3〜4日前にベーコンを仕込んだが、様子を見てみた。塩がしみ込んでいるのか水が出ていた。あと5日ほど塩で熟成させ、乾燥させて、今度の休みに燻す予定だ。寒い時期に向かうと薫製の季節だ。

仕込んだベーコン                 

 暇だからといって料理ばかり作るのは、時間がもったいない。ある意味手抜き料理でカレー(でも自家製ニンニクと自家製トマトチャツネはコダワリで入れています)を作った。

 インドカレーやグリーンカレーやレッドカレーなどカレーは大好きだ。あの香辛料が食欲を増幅する。カレーの嫌いな人はあまりいないようだ。でも、たま〜にジャガイモたっぷりの素朴な家カレーが食べたくなる(健康に悪いとわかっていて、無性にカップヌードルが食べたくなるように)。

カレーライス

 テーブルでパソコンを打ちながらボチボチと片手間に作った。昼はこれを食べた。そして夜はみんなのご飯だ。私は別に摘みを作って白ご飯だけど、、、、。

 老犬と一緒に静かな家での1日だった。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



別窓 | 男の料理 | コメント:0
∧top | under∨

鯛飯と貧乏料理

 昨日、鯛が安かったので買った。妻が鯛飯たべたいな〜と言うので「作ってやろうじゃ〜ないか」と

 鯛の鱗・えら・内蔵を取り血合いもきれいに取り、塩をしてしばらくしてから焼く、米に醤油・塩(ちょっと)・酒・水で普通の炊き込みご飯の要領。そして切った舞茸を入れ。昆布を敷き、その上に焼いた鯛を載せ、炊飯器のスイッチをON。鯛がちょっと大きすぎてシッポの所が曲がり綺麗でない。

鯛飯1

 炊きあがったら、昆布と鯛を取り出し、鯛の身を取ってご飯に入れてかき混ぜる。

 出来上がり品だ。妻は1杯目を多めに入れたが、お代わりをして食べた。(太りまっせ、心の中の呟き)

鯛飯2

 昼間、間引いた大根菜を味噌汁に、そして好きな松山揚げを入れた。

間引き菜の味噌汁

 昨日の昼食は牛丼、その残り汁を使って、すき焼き風野菜煮、それでもということで、一昨日の残り鶏胸肉をちょっとだけ入れた。3女曰く「残り汁を使って、、、、牛肉の風味だけ、、、貧乏」、と言いながらワシワシ食っていた。余りにもタンパク源が少ないので卵は付けた。

 それと大根・切り昆布・竹輪の煮付けを作った(意外と人気があった)が、茶色系、見た目、地味〜〜〜な飯になった。でも旨かった。

貧乏おかず


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
別窓 | 男の料理 | コメント:0
∧top | under∨
| 素の暮らし |