FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

足立美術館

 大学時代の同好会の後輩(女性二人)が島根に旅行をするという連絡が3週間ほど前に入り、交通不便な島根の地、土日は案内を含めてドライバーをすることにした。

 足立美術館と出雲大社縁結びの女子旅とのことだった。一人は十数年前に大阪で会ったけど、もう一人は実に37年ぶりになる。おっさんは、大学時代の彼女の姿しか思い出せない。何を勘違いしたのか、22歳の彼女の姿、しかし冷静に考えれば、アラフィーを過ぎた、、、、、、。

 でも、若かりし日を過ごした人と会うのはこれまた良いことだ。昼過ぎに着く電車で二人は安来駅へ、時の隔たりがあったが直ぐにわかった。その足で足立美術館に行った。同館の庭園ははアメリカの日本庭園専門雑誌で日本庭園の10年連続1位だ。周囲の山の借景を上手く使い、良く手入れされた庭園だ。

 展示は、国内1の横山大観のコレクションが目玉だ。私的には、北大路魯山人や河井寛次郎の焼き物に見入った。重厚感があるけど気品のある作品だった。




 大阪や静岡など他県ナンバーの車、そして外国人が多く来ていた。そして多くの団体客が来ていた。出雲大社と足立美術館はセットのツアーで結構来ている。



 ここの庭の特徴は借景だ。これを上手く取り入れ、遠近感があり、そのため奥行きや広がりを感じる。この庭園を見た人は多いと思う。実は島根に住んでいながら、今回が初めての観覧だった。






 この後、二人を連れてゲゲゲの女房の生家を経由して鳥取県の境港市の水木しげるロードに行った。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



別窓 | ぶらぶら散策 | コメント:0
∧top | under∨

自家製の粉山椒で親子丼

 先日、種と柄を取り除き、皮だけにした山椒を挽いて粉山椒にした。山椒の香りがとても良い、挽く時部屋の中に香りが立ちこめた。そして食欲をそそる香りだ。



 うなぎとはいかないが(うなぎは高い)、親子丼を作った。妻や子供は大好きなメニューだ。出来上がった親子丼に粉山椒をふりかける。そして食べる。妻は、山椒の香りも良いけど、舌のしびれ感もまた良いと言っていた。

 なんだかんだで時間をかけて初挑戦で作ったが上手くできた。来年はもっと多く作ろう。基本的に材料費はゼロで、後は手間だけだ。一番面倒くさいのは、皮に分ける所だけど、テレビでも見ながらやれば良い。



 鮮烈な香りとしびれ感、ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
別窓 | 男の料理 | コメント:0
∧top | under∨
| 素の暮らし |