FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指す初老爺の日記

日本海に浮かぶ隠岐の島

 今週、松江の北、約70kmの日本海に浮かぶ隠岐の島に仕事で行ってきた。隠岐の島には韓国との領土問題で揺れる竹島がある(本島からは随分離れている)。そして、大相撲のイケメン力士隠岐の海の出身地である。
 
 隠岐の玄関、西郷港。


 港の岸壁には、水木しげるのマンガのペイントがある。水木しげるは、鳥取県境港市(中海を隔てて松江市のすぐ隣)で育った。隠岐に縁があるとも聞く?


 上陸して、ちょっと行くと隠岐民謡「しげさ節」のレリーフがあった。毎年5月には「しげさ節」に併せて通りを踊りのパレードとなる。これはなかなか良い。



 港に注ぐ八尾川の河口には多くの漁船が係留され、独特の景観を醸し出している。



 下の写真は今回のものではないが、隠岐空港近くの牧草地には、牛が放牧され牛がのんびりと牧草を食んでいる。本当にのどかな風景だ。そして、その向こうに日本海が見え、より雄大さが感じられる。

放牧風景3

 夜は、日本海の海の幸を堪能した。刺身(鯖、飛魚、ウニ、バイ貝、新鮮なトビウオの卵など)、しめ鯖の胡麻まぶし、サザエ、鯖の子の煮付け等の前菜、鯖すき、連子鯛の塩焼き、亀の手の吸い物など隠岐ならではの幸を地酒「隠岐誉」で味わった。残念ながら、食べて飲むのと話に一生懸命で写真は撮り忘れた。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



別窓 | 旅行 | コメント:0
∧top | under∨
| 素の暮らし |