素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指すおじさんの日記

暮しの手帖を読んでみた

 視聴率が高いNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」、オッサンはほとんど見たことはないが妻や姫2号は録画をして見ている。
 これは「暮しの手帖」を編集した花森安治と大橋しずこがモチーフとなっているらしい。花森安治は神戸出身で高校時代は松江の旧制松江高校に通っていた(その後帝大、今の東京大学)。松江高校は今の松江北高校で県内一の進学校だ。

 妻がその暮しの手帖の83号というのを買って来ていた。パラパラめくると中に昭和レトロを感じた。

 その中の記事に土井善晴さんの「汁飯香のお話」があった。土井さんは、今結構人気があるのテレビ番組「プレパト」の中で料理の盛り付け審査する人だ。この番組、俳句の審査で辛口の夏井さんが面白い。

 土井さんは和食の料理人、その方が書いていた。

9.7暮しの手帖1

 テレビなどで出て来る今の食事は、ハレの食事、これを持ち込み作らにゃいけないと強迫観念になっていて、主婦はいつも忙しい思いをしている。
 回りに煽られずに本来の日本の食事に戻りましょうと、、、、、、。そして料理の時間も短縮して手を抜きましょうとも、、、、。
 まあ〜日本食事も50年前はこんな食事だった。でも豊かになり、欧米の食事が豊かで理想と国も推奨して来た。でもアメリカの食事は肥満になると今は見直されている。でも刷り込まれた肉がご馳走の考えは根強く残っている。そして調理も比較的簡単で重宝されている。

9.7暮しの手帖2

 おいしいご飯、具沢山の味噌汁、そして香の物とシンプルな食事、味噌は我が国が生んだ素晴らしい発酵食品、そしてたくさんの野菜に少しの肉・魚などとこれも発酵食品の漬物で自然なものばかり、こんな食事が良いと書いている。
 
9.7暮しの手帖3

 いつもご馳走ばかり見ている人が食の基本を書いていて参考になった。肉や魚たくさんの今の食事を見直す必要もあるのかな?ついつい豪華さに目が行くテレビのグルメ番組、それを見て我が家でもと、、、。でもこれが食べ過ぎ、肥満の素になる。
 とは言っても美味しい物を食べるのは人間の本能のようなもの、しかし、「けの食事」も見直したいですね。ということで妻は1週間に一度だけ一汁一菜の食事に心掛けると宣う。まあ〜年齢も上がったことだしこれも良いのかな???

 今、全米オープンテニス樹準決勝で錦織とマレーの試合、第5セット第9ゲームのイーブン、この試合が大きな山だ。頑張れ圭、、、、、、。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
別窓 | 思うこと | コメント:17
∧top | under∨

政治家という人種は困ったもんだ

 昨日は、ちょっとだけ休みを取って歯医者へ、、、。松江のオッサン体は悪い所はないが、、、、頭は悪いか、、、、、、。それと、仕事が随分忙しかった時もあり歯の修理を怠っていて歯の状態が悪く、余生を楽しく生きるため現在修理中だ。でも歯医者は嫌だね、、、、、。大嫌いです。

 さて、「ダメリーマンの半農生活」のダメリーマンさんが書いていた共産党の補選候補者が熊本地震の募金を選挙に使う云々の話にウンザリしていたら、今度は大阪維新の片山虎之介が熊本地震に関して「政局の動向に影響を加えることは確かだ。大変タイミングのいい地震だ」との発言でツイッター炎上とのこと、バカじゃないかと思う。

 政治家というのは国民や国のために身を粉にして働くのが仕事じゃないのか?いつも党利党略で国民のことを忘れている。こんな奴政治家として存在すべきじゃない。とは言っても国民のことを考えないチャイなどのオッサンの相手にはこういう厚顔無恥な人間じゃないといけないかも????

 本当の人間像はわからないが、明治初頭の政治家のイメージのように「この国をどげんかせんといけん」というような篤い気持の政治家がいて欲しいものだ。今の政治家にはうんざりするばかりだ。

 さて、愚痴はこれくらいにして昨日の晩飯だ。政治のことより目の前の飯の方が大事です。

 先日採ってアク抜きしたつわぶきの煮付、クセの強さが良いです。

4.19つわぶきの煮付

 残念ながら買ったほうれん草だが胡麻和え

4.19ほうれん草の胡麻和え

 魚の子が見切り品で煮付け

4.19魚の子の煮付

 アルゼンチン海老(赤エビ?)も半額、妻が賢く????買って塩焼き、海老フライという手もあるが面倒、そして衣を付け油で揚げるのでカロリーが高いので塩焼きの選択。

4.19赤エビの塩焼き

 この日のご飯は筍ご飯だったが撮り忘れました。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
別窓 | 思うこと | コメント:6
∧top | under∨

別に夕陽の写真撮った訳じゃない

 今日は午後から晴れで天気は良くなったが、、、、、。

 残念ながら空は霞んでいる。あのC国から迷惑なものが飛んで来た。爆竹の煙か一般家庭の石炭ストーブの煙か工場のばい煙か、、、、? エイペックの時の青空は、、。ある訳ないわな〜

 まだ、今日は少ない方だ。これから当分は飛んで来そうだ。

 夕焼けの太陽はもっと眩しいけど、まん丸がはっきり分かる。C国に近いこの地方、こんなのがあります。

 先日も海洋にあるプラスティック等のゴミの1/3はC国のものと出ていた。二酸化炭素の排出量もメチャ多い

2.24PM2.5その1

 遠くの山も霞んでいる。

2.24PM2.5その2

 C国、土壌の汚染も酷い、そして地下水の水質は滅茶苦茶、川の水も汚い。所によっては有害物質をたくさん含んだヘドロ、本当は何とかしてほしい。
 この日本、国べったりの企業の意向を受けて(票が入るから)その政策。別に批判だけではありません、大変な状況の中、安倍さんは彼なりに頑張っています。絶対テロには屈しない気持は評価出来ますよ。

 でも霞ヶ関の密室でしょうもない議論せずに、もっと単純にこの国の人たちが幸せに生きれることを考えて欲しい。

 私、全然政治とは関係ないけど「素流人」の党です(笑)
 お金だけではなくこの国の人が安穏とこころ豊かに過ごせることを心から祈りたいです。
 まあ、そんなに長く生きる訳でもないです。でも少なくとも子供たちはこの世界で行きて行きます。
 この国を導く人たち、よろしくお願いしますよ。

 

ポチッとやっていただきますと元気が出ます

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


別窓 | 思うこと | コメント:7
∧top | under∨

何とかならんか空家に廃屋

 畑は妻実家の裏手の小高い丘だが実家の近くには耕作放棄の荒地や空家や廃屋がある。

 写真右半分は荒地で夏には葛の山となる。左は我が畑地で果樹の下で少しは手入れをしている。丘の上、ドラム缶がある辺りは良く登場する我が畑だ。

1.24冬枯れの畑

 裏手にある家は完全に朽ちてしまっている。

1.24廃屋

 その廃屋の回りは当然、木や竹や蔓などが生茂っている。いまは冬だから枯れてはいるが、、、、。

1.18荒地

 その向こうは実家畑と隣接する。そしてその向こうを見ると更地になっている。でも、ここにも2年前には空家があった。南側で環境も良くなかったが、先方から買ってほしいと頼まれたので、買って空家を解体した。今は、木や果樹を植えている。小僧が立っているように見えるのは柑橘類に風除けをしたものだ。

1.24廃屋から空地を望む

 市の中心部から5kmほどだけど他の所でも空家になっている所が見られる。家々が集まっていて、隣近所との行き来がある所だからまだ良いが、山間地ではポツンポツンと家がある上に空家・廃屋はいっぱいだ。

 核家族化、高齢者などの一人暮らしの世帯が増えて空家になって行く。そして、家には持ち主の思い出もあるので残して置きたい心情がある。また、壊すには金もかかる。そして、建物を壊して更地にすると固定資産税が6倍になってしまう。だから投げ放しになる。金かけて、その結果税金が上がれば壊す馬鹿はいない。

 昨年、自治体権限で持ち主に撤去を命令出来るようにはなったが、、、、、、。上手く機能するのか????

 環境にも悪いし防犯上も問題は多い。抜本的に早くなんとかしてほしいもんだ。これは、田舎だけの問題じゃない、東京や大阪の街中でも空家はどんどん増えている。空家を使った犯罪などが起きかねない。その意味では、都会の方がもっと深刻な問題だ。


ポチッとやっていただきますと元気が出ます

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


別窓 | 思うこと | コメント:17
∧top | under∨

明けましておめでとうございます 今年も料理作りまっせ〜

 明けましておめでとうございます。

 旧年中は、当ブログにご訪問いただきありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

 昨日は、料理づくりに没頭してまして、皆様のブログへの訪問、またコメントを十分出来なかったことをお詫びいたします。

 一応成果品です。我が家は、古くからの家でもなく分家の初代、古くからの流儀もなく、ましてや正月からお客さんが来ることもないので「お節料理」というものは存在しません。まあ食べたいものを食べるです。

 
 これは私の作品ではなく姫2号が作ったマチェドニアで。やはり初っぱなは綺麗に明るく

 使っている果物は、ネーブル・せとか・スウィーティー(我が畑の柑橘)、叔母のからもらったリンゴ(ふじ)、実家から貰ったキウイ、そして、これは流石になかったパイナップルとぶどう。地の物を出来るだけ使ってます。砂糖とブランデー少々、酸っぱい柑橘もこれなら食べれる(笑)

12.31マチェドニア

 我が家の柑橘3種、右上のせとかは皮も薄く、美味しそうだが、、、、、(愛媛で食べたのとは違い酸っぱい)。でも、そのままでも食べれるくらいにはなっています。

12.31せとか・ネーブル

 さて、いよいよ料理編、Xmasに妻から貰った新しいまな板の使い初め

12.31新しいまな板

 前記事で取り急ぎ載せた薫製類の盛り合わせ、生ハム、スモークサーモン、鳥のササミ

12.31薫製盛り

 そして、ビーフジャーキーとチーズ・オリーブの盛り合わせ

12.31チーズ・ジャーキー盛り

 年末に2杯250円で買ったスルメイカでイカ飯、ハンペン用に保存しておいた飛魚を使って伊達巻きもどき、市販の物より魚が多く上手く卷けず、美的にはちょっと、、、、でも味は間違いなし。

12.31イカめし・伊達巻き

 畑の青梗菜と半額になった紅ズワイガニを使って蟹の餡かけ

12.31青梗菜の蟹餡かけ

 同じく畑のネギと赤貝(サルボウ貝)でヌタ

12.31赤貝とネギのヌタ

 同じく畑のカブと柚子・鷹の爪・昆布で酢蕪、「豊平のやさい畑」のまあちゃんを真似た。但し、調味料である酢等は、既製品、何故ならば容器は大きいラッキョウ酢が余っていて場所取りをしているので使い切った。

12.31酢蕪

 妻が、初めて作った黒豆煮、我が畑の情けない黒豆少々と大半ははるばる長野から送っていただいた黒豆だ。初めてにして柔らかく美味しく出来ていた(妻もいつもこう柔らかいと良いけどな、、、、、)

12.31黒豆

 流石に百合根は栽培していないが、さっと茹でた百合根をマスタードとマヨネーズで和えた。

12.31辛しマヨネーズ和え

 そして、夕方から寿司職人に変身し、寿司を握った。でもこの時期、人の足下を見るように魚が高いので、仕方ないので結構冷凍物も使った。それでも、ブリと鯛だけは昨日、泣く泣く買って来た。

 こうして寿司を作ってみるのも20年くらいはやっているが、回転寿しよりしっかりネタは使える。本当は、もっと鮮魚を使いたいが、、、、鯖やカンパチやヒラマサなどなど、錦織君でちょとブレイクしたノドグロなんかあったら最高だけど、、、、やっぱり鮮魚が一番だ。

12.31寿司盛り

 以上が、大晦日の料理、写真の右下にちょっとだけグラスが写っているが、、、、、。

12.31夕食

 これも、お遊びで試作しているもの、全国的にもあることはあるが、、、、。くろぶど、ちょっとまともには書けない。

12.31禁断のどぶろく

 こうして、キッチンに籠って作っていやした、、、、。またマメと言われるでしょうが、愉しんでます(笑)。

 まあ金はないけど時間はたっぷりあるので、買って来て切って並べるようなものは止めた。手作り、そして、食材も出来るだけ自前の物や出所がはっきりしているもの使った。

 できるだけ「身土不二」、前にも書いたけど「御馳走」という言葉は、客人を心ばかりのおもてなしをするために馳せ走って食材を調達し、心を尽くすこと。豊かな日本で忘れ去られようとしている言葉です。

 素食、そして食の原点、今一度暮らしの原点を見つめ直し、これからも頑張って作りまっせ、、、、。一応年頭に当たって、褌の紐を締め直して、、、、。気合いを入れて、、、、(笑、そんな大層なことか、、、、??)

 日本列島、正月から大荒れ、政治家の皆さん、日本の国が大荒れにならないようしっかり舵取りして下さいよ。

 今年から来年にかけては、個人的にも一つの節目、リタイヤ1年前に差し掛かります。新たな一歩への過渡期、今年のある時期から1年程、アラ還は返上でジャス還とでも言うのでしょうか????
 緩やかなソフトランディング、そして歩みの違う中での再スタート、先輩方を参考にしたいと思いますのでアドバイス下さいね。

 元旦ということで長くなりましたがここまで読んでいただきありがとうございました。お疲れ様でした。
 




 追伸

 妻に見栄えが悪いからと却下されたブリ大根です。味は保証付きですが、、、、。

12.31ぶり大根


 頑張ったな、これからも頑張れや思われましたらポチッとやっていただきますとグ〜〜〜〜〜〜ン元気が出ると思いますのでよろしく、、、。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
別窓 | 思うこと | コメント:15
∧top | under∨

マグロの刺身って大騒ぎするほど旨いのか??

 なんか刺身と言えばマグロ、マグロで大騒ぎをする。これがわからない。

 マグロは本当に旨いのか? そりゃ〜大トロは旨いかも(貧乏人は食べた事がない、食べた事がない者があれこれ言うなとお叱りをうけそうだ)、でもそんな大トロ非常に高い。脂が多いから口の中でサッととろけるかも?でも高いからと言って本当に味が分かるの?値段の高さに酔っているかもしれない。

 中トロは中トロ、赤身は赤身で美味しさがあるという。それにマグロは冷凍、急速冷凍するから味が落ちない言う。でも一般庶民が大騒ぎする魚か???

 海が近いせいか、新鮮な魚が比較的簡単に手に入る。そう思うとマグロマグロとは思わない。脂の乗ったのどぐろ(赤むつ)鰤や鯖の方が旨い。マグロでなくても魚介は一杯ある。
 近くに日本有数の漁港である境港があり、マグロも上がる、この時期スーパーなどではマグロの解体ショーなどもやっていて、数百グラム2〜3000円で売っている。(でも高いな〜)
 
 わたしゃこっちの方が旨い

 しめ鯖
しめ鯖

 メジナ、イサキの刺身
クロアイ・イサキの刺身
 (写真はごく最近のものではありません)

 そりゃ〜海が近くて安く手に入るから言うんだろう〜。都会じゃそんな魚も簡単に安く入らんと叱られそうだ。

 でも、この頃は流通が発達していて良い魚が出回っている。山の中の温泉旅館に行っても鯛やイカの刺身が出て幻滅することがある。なんで山の中で海の魚や〜〜〜と

 昔はあり得なかったが、今はよくある話。それだけ流通が発達した。

 それにしても大騒ぎする程マグロは旨いのか????普通の魚を食べる文化がなくなって来たのだろうか?海に囲まれた日本、これで良いのか?

 ちょっとネタ切れのため古い写真活用Ver.です。悪しからず、、、。



別窓 | 思うこと | コメント:15
∧top | under∨

料理について

 今週は、夜が忙しい

 年度が替わり、歓迎会や顔合わせ会など、、、、。

 ということで時間があまりないのと平日はどうしてもネタ不足、さて困った。

 ということで料理が一つの趣味の素流人が日頃思っていることを

 まあ、一番は食いしん坊ということだけど料理の無限の広がりをいつも思う。

 例えば、海老一つとっても

 和食では刺身、塩焼き、煮付け、練り物、海老フライ、天婦羅様々、中華では海老チリ、海老マヨ、その他海老を使った様々な中華料理、エスニックではトムヤムクンや様々な海老を使った料理、もちろんフレンチ・イタリアンでもトルコ料理でも、、、。

 素材・調理法・調味料で無限の広がりがある。

 海老だけではない、食材も無限の広がりがある。そう思うと愉しい。当然確立された料理はあるが、創造性により色々な味ができる。(単に確立された味が出来ないだけなのかもしれないが、、、)

 クックパッドを見ても100万件以上の料理法が寄せられている。しかしこれは氷山の一角に過ぎない。

 そう思うと本当に無限の広がりだ。

 もちろん料理だけではない。畑だって、気候や土壌など様々な条件で変わって来る。

 様々なことに当てはまる。絵画でも書でも音楽でも、、、、様々に。

 1+1=2にはならない。だから面白いのかな?

 どうも左脳人間ではなく右脳人間の傾向が強いのかも????

 でも、単に食いしん坊だけなのか?

 まあこれもボケ防止には良いことだ。

 楽をせずに敢えて体を動かし、頭を使って効率悪く、回り道をするような生活が今後はいいのかな?

 簡単にコンビニなどで出来合いのものを買わず、頭・体等を使って料理を作るのが愉しい。

 それと食べた人に「美味しい」と言わせるのがまた快感だ。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
 
別窓 | 思うこと | コメント:2
∧top | under∨

春の雨はやさしい

 今日は、朝早く目が覚めてアラ還男は寝不足。

 年を取るとあまり寝なくても良くなるらしい? 寝るのも負担がかかるとか????

 寝ると良い気分だけどなあ〜〜〜〜〜?

 これから日が長くなるので早く起きて、コツコツと自分のことをやろう。

 オッサンは、4月から畑をしっかりやるぞ〜〜と大変な宣言、

 でもそれで自分にプレッシャーを与えているつもりだ。

 まあそれはさておき、今日は雨で良かった。

 こんなに雨を望んだのは去年の夏以来、なぜ????

 PM2.5を雨が流してくれるから。春の雨はやさしい。(頭の中で小椋佳の唄が流れています。オッサンしかわからないけど、、、、、。)

 今日はくっきり向こうの山が見えた。このうえなく嬉しい。

 週半ばになると写真やネタが少なくなる。

 春になると畑や街の様子が忙しくなるので、申し訳ないけど

 台湾旅行編をボチボチと入れようかな?

 春になると、アップできなくなるので、、、。

 今日は、ぶつぶつ呟き、、、。

 そして、ぐっすり寝ます。 お   や   す   み   な   さ   い  。 

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
別窓 | 思うこと | コメント:0
∧top | under∨

今日は素晴らしい天気だ

 今日は、朝方霧が立ちこめていた。放射冷却現象だろう。こういう日は天気がいい。

 太陽の形が霧のためにわかる。



 そして、昼にはこの青空だ。山陰の冬はどんよりした雲が空を覆うが、今日は「晴れの国 岡山」のようだ。

 こんな天気の日に畑ができたら良いなと思う。週末農民は辛い。週末に天気が悪ければそれでもうどうしようもない。

 お手上げだ、、、、。

 昼間は気温も上がり気持ちよかった。365日、日曜日の人が羨まし〜〜〜〜〜〜〜い。



 先週から、この本を読んでいるが今日読了した。題名からして否定的な内容だ。私はTPPは反対者なので関心を持って読んだ。ただ、内容が頭の悪い私には理解できない部分もだいぶんあった。

 でも、そもそもTPPとは、FTAとはなどの基本的なことや世界の貿易のことなど色々な面で勉強になった。理解するためには再読も必要だ。今度は反対に擁護論者の本も読んでみるのもいいかもしれない。

 ただ、TPPについて、十分に説明がされず(これだけではないが、、、)、拙速に、乗り遅れたら大変だなどと世論を呼び起こし、押し切ったのは事実だ。

 そして、日本のリーディング産業の輸出を増やしたいけど、そう上手くいくか?アメリカの欲しいものは他の国からも輸入できる。TPPといっても実質、日本とアメリカのFTAみたいなものなのに、、、、。アメリカも輸出を増やす意図があるそれは食料だ。これによって、ますます日本は海外からの食料依存度を増す。これは、アメリカの戦略だ。
 日本は、対中国の日米同盟を意図して参加するのかもしれない、、、、。

TPP亡国論 (集英社新書)TPP亡国論 (集英社新書)
(2011/03/17)
中野 剛志

商品詳細を見る


 この本が、出されたのは2011、3でちょっと古い。でもこの後の2012.2にこんな本が出されている。著者が元財務官僚、櫻井よしこ推薦としてあるが、なんとなくうさん臭い。

TPP興国論 (ロング新書)TPP興国論 (ロング新書)
(2012/02/24)
松田 学

商品詳細を見る


 まあ、偏ってもいけないので擁護側の本も読んでみよう。

 本を読んでいて、気になったが、アメリカの穀物輸出以上にアメリカの会社の種子(F1種)のことがもっと怖いと書いてあった。以前、私のブログに来ていただいている方で本も紹介されていたけど、、、、、。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
別窓 | 思うこと | コメント:2
∧top | under∨

久し振りの畑日和

 今日は、暖かくなる。天気予報を見ても夕方までは雨は降らない。

 晴耕雨読は良く言うが、こちらでは冬は暖外寒中、風静凪動の条件が付く。

 雨(雪)・寒・風が強い日はほとんど畑はできない。3週間ぶりだろうか???

 昨夜は飲みでちょっと二日酔い気味、でもこの機を逃す訳にはいかない。

 さて、安倍さんの発言でまた中国が過剰反応している。まあ舌戦で国際的に優位に立とうとしている。

 安倍さんも言えば言う程深みに嵌って行く。

 「戦略的互恵関係」などきれいごとを言っているが、向こうはそんなこと考えていない。

 日本は、貿易相手国として大切だが、向こうは他の国があるからどうでも良いよとしか思っていない。

 もちろん技術力などからしたら身の程知らずだが、、、。

 日本の企業も儲けることばかり考えず、ちょっとは距離を置いたらどうかとも思う。

 公共事業の入札などは、日本の大手企業ですら、ランクを落とし参加させないのだから、、、。

 日本が中国との貿易を重要視していることで足下を見ている感じかな??? 

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


別窓 | 思うこと | コメント:0
∧top | under∨
| 素の暮らし | NEXT