FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指すおじさんの日記

日帰り出張は読書タイム

 昨日は日本海に浮かぶ隠岐の島に日帰出張で行って来た、船は揺れることなく快適だった。

 本土を離れ島根半島を望む。7〜8年前は単身赴任だったので月2回くらいは船に乗ったものだ。

 これから冬〜春にかけて日本海は荒れる。この時期の船旅は大変だ。尤もこのオッサン、酒には酔うが船には酔わないようだ。



 日帰りなので滞在時間も短く、観光や散策なども出来ず、3時の船で帰った。写真は西郷港を離れるところだ。



 これではあんまり寂しいので、隠岐にいた時に撮った西郷港の夕暮れ写真を載せておきます。遠流の島、隠岐は古い歴史に彩られ、自然がいっぱい残り、酒と魚が美味しい所、日帰りは勿体ない。

 単身赴任時代に酒を酌み交わしたことが思い出される。

夕暮れの西郷湾

 行き帰りのフェリーの所要時間は約5時間、この時間は貴重な読書タイムだ。船に酔う人はとても本など読めないが、、、、、。

 今週から読み始めていた「欲しがらない生き方」ー高等遊民のすすめー(岬 龍一郎著)を読了した。今後の生き方に大いに参考になった。

 簡単な概要は

 世俗的な欲望(出世・名声・財産)や多忙さから解放されて、独自のオリジナル生活をエンジョイする。お金持ちより心持ち、物持ちより心持ちの生き方
 煩わしい世俗を半分捨てる「半隠遁」の考えを持ち、金よりも面白みのある仕事を続けながら、誰にも気兼ねしない暮らしをしよう。

 著者は45歳から50歳、遅くとも50歳過ぎにはこういう暮らしをし、自分の人生をエンジョイすべきという。既に60歳なので、著者に言わせれば遅いが、もうすぐリタイヤ、否応無しに出世などとは縁がなくなる。
 これから、お金はなくなるので心持ち、良いですね〜遅かったとは言え、数年前からボンヤリだがこういう方向を目指していたが、本を読んで何となくこれからの道筋が見えたような気がした。

 子供も成長し、背負う物はなくなって来ている。ちょっと世俗とは距離を置いて、面白みのあることをやって、たった一度しかない人生をエンジョイしたいものだ。

11.6良い本

 帰りの船のターミナルで隠岐の銘酒を2本買った。残念ながら自分専用で飲むのではない。今日から学生時代の同好会仲間との還暦会で京都に向かう。
 20人程集う、半分くらいは卒業後に会ったが、あとは38年ぶりだ。同じ釜の飯を食った連中、どう変わったかな?酒を酌み交わし昔話に花が咲くことだろう。酒はその差し入れだ。

11.6隠岐の酒

 この10日間くらいはなんか出掛けてばかりだ、、、、、。畑は完全放置状態。妻にハウス内の水やりだけは頼んだ。 

ポチッとやっていただきますと元気が出ます

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


別窓 | 最近読んだ本 | コメント:11
∧top | under∨

スローフードについて

 今週は、昨日・一昨日と夕方から若者に混じってバレーボールをしました。もちろんもう飛んだり跳ねたりは出来ない(下手にやると肉離れやアキレス腱断裂なんてことになる)ので、後ろの方で程々に暇そうに、、、、。

 良い汗かいてビール飲んで、でもどうしても遅くなりブログの方も疎かになってしまいました。

 昼休みに2週間かけてこんな本を読みました。「スローフードな日本」島村菜津著

 何年か前に一度読み、再読です。

 戦後大きく変わった日本の食生活、肉食が多くなり、その上にインスタント・レトルト・加工品そしてそのことで使われる添加物など、、、、。

 便利にはなったけど見直したいところの多い今の食事、色々考えさせられます。まだ高度成長前に子ども時代を過ごした身としては、戦後の食の変化を見て来た生き証人のようなところもある。

 忘れられている郷土料理や、見向きもされなくなった田舎料理など、でも日本人の健康にはそれも必要だと改めて思った。

 元来、日本食はスローフード、でも欧米化し、更に忙しい世の中となり経済優先の世になって簡単で均一化された料理になって来た。そこに寂しさも感じる。

 スローフードという言葉は1986年ローマの「スペイン広場」の一画に「マグドナルド」が進出したのがきっかけで、スローフードな国イタリア人が作った言葉だそうだ。そしてそれが少しずつ広がったようだ。

7.2スローフードな日本

 本の中に「スローフード宣言」なるものがあった

 我々はみんなスピードに束縛され、そして我々の慣習を狂わせ、
 家庭のプライバシーまで侵害し、“ファーストフード”を食することを強いる
 “ファーストライフ”という共通のウイルスに感染しているのです。
 いまこそ、ホモ・サピエンスは、この滅亡の危機に向けて突き進もうとする
 スピードから。自らを解放しなければなりません。
 我々の穏やかな悦びを守るための唯一の道は、
 このファーストライフという全世界的狂気に立ち向かうことです。
 この狂乱を、効率と履き違えるやからに対し、私たちは感性の悦びと、
 ゆっくりといつまでも持続する楽しみを保証する適量のワクチンを
 推奨するものであります。
 我々の反撃は“スローフードな食卓”から始めるべきでありましょう。

 と書いてありました。

 どんどん工業化される食だけどちょっと見直しも必要かと思う。未だに工業化されたものが優れもののような意識がある。高度成長期や今の中国や東南アジアならいざ知らず、成熟期になっている日本でだ。まあそういう物が安く、便利でCMでやっているからであろうけど、、、。

 もちろん、これだけ変わって来ているので元に戻るなんてことはまず出来ないし、便利さを捨てることまでしなくても良いけど、健康にも左右する食については考えたいものだ。

 まあいい加減年を取ったオッサンは、そんなに効率も速さも求めないし、ノンビリ、美味しく、楽しくやりたいですね。

 週半ば、ネタ切れのためこんなの書いちゃいました。


 ポチッとやっていただきますと元気が出ます

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

別窓 | 最近読んだ本 | コメント:13
∧top | under∨

これでまた料理を勉強だ、、、

 姫2号がクッキングパパ132巻を買って来てくれた。

 前にも書いたが、我が料理の師匠だ。今では有名になった「おにぎらず」もこの漫画の中で20年程前に出た。

 このマンガを読んで色々と作るようになったんです。

 今回も何点かは作ってみたい料理がある。

6.26クッキングパパ132巻

 これは、今更勉強しなくても良い鰯の刺身。

 20年くらい前は鰯など養殖用の餌だったのに、この頃では、ちょっと高くなって来た。それでも最近また安くはなったが、、、、。痛みの早い鰯、新鮮が命だ。

 擦りおろし生姜で食べるこれが旨い。

6.22鰯の刺身

 そして、畑で出来たモロッコ豆の素朴煮、素朴だからこそその味が愉しめる。旨いです。

6.22モロッコ豆の煮付け

 畑もだんだん野菜が豊富になって来た。もうすぐ処理に困るようになるのかな??????

ポチッとやっていただきますと元気が出ます

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

別窓 | 最近読んだ本 | コメント:14
∧top | under∨

おにぎらずがこんなにメジャーになっているとは、、、

 昨日は、退職する人の第1回目の送別会

 ってことで昨夜は飲みでした。ちょっと勢いがついて家に帰ったら11時過ぎ、さすがに週中なので日付変更線はは越えなかったが、、、、、その上、昨夜は寒波のため暴風が吹き荒れ風の音がうるさく良く眠れなく朝寝坊。

 ブログも1日空いてしまいました。

 先日、姫2号が我が料理の師匠「クッキングパパ131巻」を買って来ました。前にも書いたけど全巻持ってます。まあ好きなオッサンだ。

クッキングパパ(131)





 昨年あたりだったか、「おにぎらず」がクックパッドからブレークしたようだ。このおにぎらず、このクッキングパパが元祖だ。そして、最新号の帯に書いています。

 第22巻だから、もう25年くらい前か?漫画読んで家族で遠出した時に作って持って行ったなあ〜〜〜
 それと馬鹿でかく色々な具を入れたおにぎりもマンガを見て作った。

 他の人のブログ見た時もおにぎらずは載っていた。その時へえ〜〜へえ〜〜と思ったが、、、、。

3.12クッキングパパ帯

 先日、地元紙を見ていたら、こんな記事が出ていた。この5月で発刊30年を迎えるという。ここまで続くのはファンが多いからだろうか?

 オッサンも25〜6年前ふとしたところから読み出しだ。主人公の荒岩一味(お父さん)が家族のために作る料理の物語だ。作り方も書いてある。

 この頃、忙しかったけど休日に晩飯作って一家で食べ、それがいつの間にか我が家の標準スタイルになった。マンガ見てベーコンやソーセージなどの薫製も作った。ローストチキンも作った。その他色々と、、、。

 新聞の記事には「構想を練って、完成品ができるまでに創造の喜びがある。見て楽しい、食べると嬉しい。さらに相手や家族を喜ばせることもできる」と書いてあるけど、まさにこれですね。

 オッサンこれで嵌ってしまいました。今はボケ防止でしょうか、、、、。頭も使うし手も使う。
 
3.12クッキングパパ記事

 物好きとかマメとか言われるけど作っていると楽しいです。元気なうちは続くでしょうね(笑)。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


別窓 | 最近読んだ本 | コメント:13
∧top | under∨

我が料理の師匠

 畑やらソフトやら料理づくりでこの頃は一向に本を読んでない。

 晴耕雨読ではないがこれから天気が悪いのでしっかり本を読もう。

 「何っ????お前の本読みって漫画かい」って言われそうだが、、、、。

 姫2号が、またまた買って来てくれた「クッキングパパ最新号」これが130巻目、この漫画、私の料理の師匠だ。これを読みながら親父料理に目覚めて行った。

 もちろん、今はこの漫画を見て料理を作ることはあまりなく、愉しんで読んでいる。そして、インターネットで色々勉強もしているが、、、、。

クッキングパパ(130) (モーニング KC)クッキングパパ(130) (モーニング KC)
(2014/11/21)
うえやま とち

商品詳細を見る


 漫画本はこうして本箱に保存されてます。最初の方は、何回も読んでボロボロですが、、、。

 また暇になったらボチボチと思い出しながら読もうとも思ってます。この漫画、うちの姫たちも読んでいました。この本を見て作った料理をみて案外親父の料理を思い出すのかもしれません????

12.7クッキングパパ1

 とても、1つの本箱には入り切らず別の所にも置いてます。まだまだ続くこの漫画、最初の頃主人公と年は一緒くらいだったけどそこは漫画、いつの間にか、このオッサンが10歳くらい年寄になった。

12.7クッキングパパ2

 お袋の味があるなら3人の娘たちに親父の味があって良いと思って始めた料理、もう四半世紀を越えました。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


別窓 | 最近読んだ本 | コメント:4
∧top | under∨

漫画「クッキングパパ」で勉強

 昨夜は、飲み会でまたまた遅いご帰還、でも二日酔いで休日を愉しめないのは嫌なので程々にして帰った。

 今週、姫2号が我が愛読の漫画「クッキングパパ」の最新号を買って来たので読んだ。

 作ってみたい料理もチラホラ、読んで愉しみながら勉強です。

クッキングパパ(129)クッキングパパ(129)
(2014/09/22)
うえやまとち

商品詳細を見る


 さてさて、台風が日本列島を伺っている。滅茶大きい台風だ。

 今の予報では13日に鹿児島に上陸し四国南、紀伊半島というコースだ。十分気を付けて下さい。

 こちらも暴風や雨が予想されるので日・月は畑はむずかしいだろう。

 今日頑張ってやんなきゃ、、、、。

 折れた栗の木の片付けや、畑の整理、草取り、間引きなど、、、、。ああ〜それとハウス内の土づくりと。


ポチッとやっていただきますと元気が出ます

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

別窓 | 最近読んだ本 | コメント:8
∧top | under∨

また作れと買ってくれたこの漫画

 先日、姫2号が「クッキングパパ」の最新号を買って来た。我が料理の師匠だ。これでまた何か作れというメッセージかな?

 この漫画、料理もさることながらいつもみんなでご馳走を食べてワイワイとやるのが好きだ。

 古今東西、食は人を近づける。食べることは万国共通の愉しい事だ。

 言葉は通じなくても、一緒に食事をすれば仲良くなれる。酒があれば一層効果大だ。

 日本でも「同じ釜の飯を食った、、、、」とか言う。

 旨い物を一緒に話しながら食べることは本当に愉しい、そして垣根を取り去ってくれる。

クッキングパパ(128) (モーニングKC)クッキングパパ(128) (モーニングKC)
(2014/06/23)
うえやま とち

商品詳細を見る


 先般、義父が亡くなったが、15年くらい前までは、義父、妻方の叔父、従兄弟などと「究極 男の料理」と称して、男連中が料理を作り、持ち寄り女性陣をもてなすという企画をやっていた。(但し、男連中は酒が進むと後片付けは疎かになる、でも女性陣はそれでも大喜びだ)

 1人2〜3品作れば10品くらいになる。随分盛り上がり愉しい夕餉になる。

 刺身上手な義父がいるので「究極 男の握り寿司」という企画もあった。また、「BBQ(肉・海鮮)とソーメン流し」という企画もあった。ソーメン流しは竹を切って来てキットを作った。もちろん、子供達も参加で10数人のどんちゃん騒ぎだ。

 そんな中で心に残る1品

 冬の企画だったが、義父と叔父が野鳥(ツグミ)を捕まえて(これは20年以上前、時効です)、骨と一緒に丸を作り、吸い物にした。鳥から出る野趣溢れる香りと芹の香り、もう食べる事はないけど素晴らしい1品だった。

 持ち寄りによるパーティーは友達ともよくやったが面白い。居酒屋や料亭なども悪くはないが気のあった仲間とこうして飲るのが大好きだ。まあ手間(作るのと片付け)はかかるけど安上がりでちゃんとした物が食べれる。

 今の世の中、外でいくらでも食べれるし、家も小さく互いが疎遠だ。特に都会は、、、。でもこうした素朴な触れ合いはそれはそれで随分愉しい。まあこんな事思うのは金のない歳とったオッサンだからかな、、、、。

 さて、3連休、週末農民は草との戦いに頑張ります。
 
別窓 | 最近読んだ本 | コメント:9
∧top | under∨

「日本のかくれ味 」という本を読みました

 最近、向笠千恵子さんの「日本のかくれ味」という本を読了した。向笠さんの本は何冊か読んでいる。
副題は「「志」をもった生産者が良質で安全な素材でつくったほんとの美味の奥の奥

 氏は日本各地の伝統の食、食品を多くの本の中で紹介している。今の所、現役であまり旅行にも行けないが、行った時に是非食べて、買って帰ろうと事前勉強も含めて読んでいる。日本のスローフード推進者でもある。

 この本では、地方の職人達が材料を選りすぐり心を込めて作った品々が紹介されている。そしてこの先、なくなってしまう可能性もある。

 便利さを求めるあまり消えて行くかもしれない良質な日本の食。今はコンビニやデパ地下やスーパーなどで中食が非常に多くなって来ている。でも、均一で万人受けする味付け、それに食品保存料、、、、。便利にはなったが、、、。もちろん私も食べますよ。全く食べることを否定する気はありません。

 ソフトの試合の時、例えば妻に弁当を作ってくれと言おう物なら大変だ。「コンビニで買ったら、、、、。自分でおにぎりでも作ったら」と言い返される(そんなに甘くはない、涙涙)。だからいつもコンビニ弁当、またはMAC(たま〜〜に食べるとこれもまた旨い)。

日本のかくれ味 (集英社be文庫)日本のかくれ味 (集英社be文庫)
(2006/12)
向笠 千恵子

商品詳細を見る


 料理を作る身として思うが、凝れば別ですが肉料理は簡単で手が抜ける。極端言えば、フライパンで焼いて塩コショーだけでも良いし、市販の焼き肉やステーキのタレをかければ立派な1品。そして子供も喜び、時間もかからない。肉はアミノ酸たっぷり、タレにもアミノ酸を添加しているからそりゃ〜旨いことは旨いわ。

 世の中、みんな忙しくて中食やこんな食事が横行している。でも将来を担う子供達の味覚が育つか???食の習慣って怖い。毎日のことだから、、、、。

 リタイヤしたら日本の昔からの美味しい物を探して食べ歩きたい(だけど金が、、、、、。)日本も昔は貧乏だったからある食材を工夫して世界遺産にもなった日本料理として確立して来た。

 欧米人に取ってみればクレージーだよな、竹(筍)食って、根っこ(牛蒡やレンコン)食って、変な食感のコンニャク、臭い納豆、そしてワカメに海苔などなど、、、、。

 はたまたホヤ、私でも思う。これを最初に食べようと思った人は凄いと、、、。日本人は魚の内蔵なども食べ尽す。でも欧米等肉の文化圏は動物の内蔵料理が発達している。ここら辺りは文化の違いか?

 パンもパスタも大好き人間だが、銀シャリに梅干し、旨いよな〜、その他ご飯の友、いいなあ〜やはり日本人のようだ。

 まあ、単に年を取って来ただけだろうと言われそうだが、、、、。


 そうそうご飯をうまくする物は、米のエッセンスの酒のツマミに最高だった、、、、。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

別窓 | 最近読んだ本 | コメント:6
∧top | under∨

なぜ子供のままの大人が増えたのか

今日は色気もない、写真もない寂しいブログです。でもこういう時が私の本音です。聞きたくもない、、、、。そうですね。でも面白おかしくもないブログ、でも面白くもないけど発信するのもブログ、これ以上読みたくない人はここで閉じて下さい。

 この頃の子供は、使い方のマナーなど十分に知らず早くからスマホを使ったり、昔に比べ様々な情報が入り、咀嚼しないで物事の大切な所は理解せず、枝葉の所ばかりを追っている。確かにスマホでは我々が知らないことでもたくさん知っている。でもそれは時期を過ぎれば何の役にもたたないものになってしまう。そこにたくさんの時間を費やしている。

 貴重な時間の浪費だ。その時間の何分の一でも読書に回してほしいものだ。本で読んだことは長く残り身に付く。

 先週、この題名の本を読了した。作者は曽野綾子、2〜3年前の本だ。曽野さんは教育改革国民会議のメンバーでもあり、教育については詳しい。

 その中で「幼児化は、ただ甘やかして機嫌を取りをした結果、子供の嫌がることを一切させなかった結果である。」と書いてあった。今、そんな子供が増えている。

 多少理不尽でも親は叱ることが必要だ。子供を叱ったからといって日頃から愛情を注いでいれば、そして、困ったとき寄り添ってやれば子供は親を憎んだりは決してしない。

 逆にそんなぶつかり合いが距離を縮める。ぶつかり合いもなくサラッと距離はあったり、無関心であったりすることの方が問題だ。

 また、「したいことだけをやる。」のは幼児性の表れとも書いていた。そして甘やかされているから人から与えられることが多く、それが切れると「〇〇してくれない」と他罰的になるとも。

 自分の子供が本当に可愛いなら勉強は多少できなくても叱る時は叱り自立した大人に育てることが大切で結局は子供の為にもなる。

なぜ子供のままの大人が増えたのか (だいわ文庫)なぜ子供のままの大人が増えたのか (だいわ文庫)
(2011/05/12)
曽野 綾子

商品詳細を見る


 そして、幼児性を持って大人になると自由だから自分の好きなことをするという。「でも自由とは自分のしたいことをすることではなく、するべき義務を果たす」ことだともいう。

 曽野さんが強烈な社会的意味に打たれたというこういう詩が載せられていた。

 「凧が空高く飛べるのは 誰かが糸を引っ張っているから

  でも凧はその糸さえなければ もっと自由に空を飛べると思っている

  その糸がなければ 地上に落ちてしまうのも知らずに」

  (2003年5月15日付けの産經新聞の「朝の詩」に掲載された宮川優さんという方の詩だそうだ。)

  全くの自由ではダメで、何らかの強制力(義務)があって初めて生きて行けるということだろう。

  自由は良いことだけど、社会の中で生きて行くには、強制力のようなものがなければダメになってしまうのだろう。

  良い詩だなあ〜と思った。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

別窓 | 最近読んだ本 | コメント:6
∧top | under∨

ちょっとショック

 前から中国の食品には?????と思って来た。メイド・イン・チャイナは敬遠している。100均の雑貨は壊れたら仕様がないと諦めれば良いが、こと食べる物はそうはいかない。

 先週、こんな本を読了した。

農民も土も水も悲惨な中国農業 (朝日新書)農民も土も水も悲惨な中国農業 (朝日新書)
(2009/02/13)
高橋 五郎

商品詳細を見る


 中国の冷凍餃子事件は記憶に新しいが、その後中国の冷凍餃子を食べる人は減ったと聞く。でも、国産と表示されていても、パソコンなどと一緒で餃子のパーツ(皮・肉・野菜等)は色々な国から入り、餃子にする時が日本だということが一般的だそうだ。使っている野菜が中国ということもある。

 現在、日本の食に中国製品がないと成り立たないまでになっている。おそらく外食産業で使う食品は中国からの物が多いと思う。現に格安スーパーなどで安い中国産のニンニクや椎茸などを料理店の買い出し係が籠に入れている。でもその中国の農業が大変な状況にあることを本の中で書いていた。

 中国の農民は土地を持っていない。土地は国の物で使用権を持つ、最近はその使用権を売り、農業企業に雇われる者が増えてきている。土地の面積は狭く、農民は貧乏でその生活は厳しい状態だ。そして、民工としで出稼ぎをするが、戸籍の異動はできず、都市住民に差別され、低い賃金で働いている。

 零細農民は狭い土地での耕作で収入も少なく、金もないので化学肥料は買えず人糞を肥やしに使う。昔の日本(今は法律で禁止されている)は肥溜めに入れて発酵させてから使用したが、中国ではそのまま使うらしい。このため、不衛生で虫などが沸くので農薬を散布する。だから土が農薬にまみれ、野菜も農薬まみれになる。零細農民が作った野菜を中国の食品加工企業が使えばこれは危ない。日系の合弁会社もはぐらかされて、そこまでは目が行き届いていないらしい。そして、雨が降れば、その水は河川に流れる。工場からの排水も流れ込んでおり、中国の水の汚染は極度に進んでいる。

 そんな中国、ちょっと前のヤフーニュースかなんかに載っていたけど、中国の企業が合弁して海外で農地を取得して野菜等を栽培する動きが進んでいるらしい。中国企業が、中国の農地では安全な野菜などができないと思っているのか、中国に食の安全を求めるニーズがあるのか?

 でも、これだけ中国に食料を依存している日本、今も危ないが、中国がこけたら日本は食料不足になり大変なことになると危惧していた。

 本当に日本はグルメぶった人間が多く、金を出せば色々な食材が買えると脳天気だ。20年ほど前、レスターブラウンの「誰が中国を養うか」を読んだ時は、食の高度化により穀物需要が増え、供給を上回ることからの食糧危機だったが、生産するものが安全上の問題があり、食の供給にならない状況が出てきている。中国が他国から輸入するのかはわからないが、輸入するようになれば、何分人口が多いから争奪戦が始まるだろう。

 食料自給率の低い日本は大丈夫?脳天気に金を出せば何とかなるで解決出来るの?日本の輸出産業も今、中国や韓国の追撃にあっている。まだ技術力という点では1日の長があるが、この先保証はない。この先、食品が高くなることが懸念される。消費税如きの騒ぎではなくなる。

 
 まあ。、老い先短いオッサンは良いけどそろそろ真剣に考えてほしい物だ。オッサンはできるだけ自分で食べる物は供給する。

 ながなが書いたけど、先のことより明日の天気が一番心配、どうやらあまり良くないらしい。週末農民は土日が勝負、、、、。

 とほほほほ、、、、。また作業が遅れる。

 でも楽しみな週末、何しようかな????


 ながながすみません。最後まで読んでいただいた方には感謝、感謝です。

 もう一つ甘えます。ポチッとしていただくとさらに感謝です。でも、見返りはなにもありませんが、、、。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


別窓 | 最近読んだ本 | コメント:4
∧top | under∨
BACK | 素の暮らし | NEXT