FC2ブログ

素の暮らし

自然で素朴な暮らしを目指すおじさんの日記

あるのもを使って晩飯

 4連休の最後の成人の日、この日もオッサンは晩飯を作った。こう書くと妻は何してんの?って思われるかな??平日はちゃんと食事を作ってくれてます。その他の家事もね、、、、。まあ〜休みにオッサンが飯作っているのはまあ〜お遊び半分です。

 さて、この日は買い物はほとんどせずに残り物や冷凍庫に眠っていたものを使った。

 正月用に買っていた立派な長芋、これを煮てやりました。白だしでちょっと上品な味に、、、、姫3号に好評でした。

200113長芋のタイタン

 そして、まあ〜安物健康料理というか、、、、炒り豆腐です。

200113炒り卵

 半分残っていたカブをさっと漬けた。

200113カブ漬け

 冷凍保存していた塩鮭を焼いて鮭飯、青じそとゴマも入れています。

200113鮭飯

 これが晩飯、なんとなく白っぽくなってしまった。

200113夕食

 買ってばかりじゃなく、たまには残り物などの消費メニューも必要です、、、、。

 さてさて、今年は曜日の並びで休みが多かったが、珍しく今、その反動で忙しくしております、、、。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



別窓 | 男の料理 | コメント:2
∧top | under∨

自家野菜100%の晩飯

 土曜日の晩飯もオッサンが作った。妻はドデ〜〜〜〜ンと座って動きません、、、、、。

 無理をすれば出来るが、この日は自然体で自家野菜100%になっていた。

 年末に作ったスモークサーモンが冷凍庫に忘れられていた。それと生ハムに畑のレタスとブロッコリー

200111年末の残り物と付け合せ

 白菜のお浸し、素朴だけど鰹節をドバッとかけて醤油を垂らしていただく。世の中がまだ豊かでなかった昭和40年頃、オッサンがまだ紅顔の美少年であった頃ですね、貧乏な食卓に良く登っていた。でもね、暖かいご飯に乗っけて食べると美味かった。ご飯がどんどん入っていった。

200111白菜のお浸し

 我が家では定番の酢鶏、醤油・酒・卵・片栗粉の液に鶏もも肉を浸して置いて、揚げ焼きし、酢と醤油のタレに入れて、白髪ねぎをあしらう。今は亡き周富徳さんが作っていた。

200111定番の酢鶏

 大根と里芋の味噌汁、ねっとり里芋が美味いです。

200111大根と里芋の味噌汁

 以上、自家野菜が大活躍です。

200111夕食

 スモーク系は残り物、この日、買ったものは鶏もも肉と調味料等です。安上がりな晩飯となりました。でもね、それなりのご馳走にはなっています。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


別窓 | 男の料理 | コメント:1
∧top | under∨

見切り品の百合根でタラコマヨ和え

 休みに入った金曜日、4連休です。

 畑で枝落としなどの軽作業をして、その日に食べる野菜を収穫して帰り、夕方からは晩飯作りです。人使いが荒い妻です(笑)。

 この日はハンバーグです。おろし大根を乗せてポン酢であっさりいただきました。付け合わせには初めて収穫したアスパラ菜をバターで炒めて添えました。

200110おろしハンバーグ

 妻が見つけた半額見切り品の百合根で大晦日に作り好評だった百合根のタラコマヨネーズ和えを作った。
 百合根をバラして綺麗に洗い耐熱皿に入れバターを落としてレンチン、タラコとマヨネーズ混ぜ合わせたものを作っておき百合根を投入し混ぜ合わせて出来上がりです。

 正月を過ぎると百合根も見切られますね、、、、。ハイエナかハゲタカの如く狙う妻、怖いですね〜〜

200110ユリ根のタラコマヨ

 野菜が色々あるので、焼き豆腐を入れてごった煮、子供の頃(昭和30年代)はこんなのばかりだった、、、、。貧しき時代です。それでも農家で米はあったのでひもじい思いはなかったかな、、、。

200110野菜と焼き豆腐煮

 自家製ベーコンを使って、カブとのコンソメースープ、優しい味です。

200110カブとベーコンのスープ

 ある野菜を使って、慎ましく生きております。

200110夕食

 写真の右側の真ん中あたりのものは中の皮も剥いた八朔です。12月中旬に収穫して寝かして置いたものを今季初めていただきました。まあ〜酸っぱいのは当たり前だけど、今年は暖冬のせいか苦味があまりありませんでした。味見してみたのでそろそろ送り時かな??

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


別窓 | 男の料理 | コメント:2
∧top | under∨

金山寺味噌を作ってみた

 年の初めは暇だろうからと金山寺味噌の材料を買い込んでおいた。

 オッサンの実家のある安来市には「大正屋醤油店」さんがあり、美味しい金山寺味噌を作っていて、イベントなどがあると美味しいものコーナーで売っている。また、叔母が作る金山寺味噌も大変美味い。

 叔母が元気なうちに作り方を教わらなきゃと、、、、その前に、一度作ってみて、取り敢えずは工程を把握した上で教えを請おうと。

 まずは、ナスを塩漬けにして、3日に塩抜きをした。

200103金山寺味噌の準備

 人参と生姜のみじん切りも用意して、麦麹、醤油、みりん、水飴などの材料を混ぜ、ナスや人参などを入れて混ぜて仕込み完了です。

 あとは、毎日混ぜ合わせます。

200103金山寺味噌の仕込み

 途中、味見をしながらつまみ食い。
 1週間経った今朝、小皿に取った。

 その小皿ですが、なんか線みたいな感じの模様のようなものが見えますね、、、。これ模様ではありません。皿を壊すのが得意な妻が金継ぎで修復したものです。よく陶器を壊すので、我が家には修復したものが多くなってきました(*・`ω´・)ゞ

200110金山寺味噌1

 金山寺味噌を温かいご飯に乗っけて食べます。美味いっす。良いご飯の友です。これだけでご飯が食べれます(^-^)/
 500gの麦麹だけど随分できた。当分食べれそうだ、、、。ご飯の食べ過ぎ注意ですね。

200110金山寺味噌2

 発酵食品なので、日が経てばより熟れて旨味が増します。今回はまあ〜試作、作り方は一応わかったので、これから改良を加えたり、叔母の作り方を聞いたりして改良を加えより美味しい金山寺味噌を目指します。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


別窓 | 男の料理 | コメント:8
∧top | under∨

七草じゃないけどその精神だけ、、、

 長い休みを終えて仕事なのでネタがありません、ついては5日の日曜日で引っ張ってます。

 休み中にやった飯作りもいよいよ最後になりました。この日はいろいろ残り物の整理にかかってます。

 自家製生ハムと焼き豚

200105生ハムと残り物の焼き豚

 年末年始は魚は期待できないので、止むを得ず買った冷凍のカツオのタタキ

 翌日には市場が動き出します。でも当分は魚は期待できないか???漁の再開後の身の締まった新鮮な魚に期待したいです。

200105解凍したカツオのたたき

 畑で果樹の枝落しをやった後に収穫した野菜を使った。

 水菜に壬生菜に春菊に青ネギです。年末年始は簡単料理が多く、野菜不足です。巷では正月は食べ過ぎなので七草粥なんて言いますが、七草じゃなくてもそこら辺の野菜で十分なので、野菜をドバッと入れた鍋にしました。

200105採ってきた野菜

 しゃぶしゃぶ用の豚肉、餃子

200105豚しゃぶ用肉など

 野菜をたっぷり摂取です。そして、最後は粥ではなく雑炊で〆た。

200105しっかり野菜を食べます

 まあ〜ちょっと違うけどその心は同じです。食べ過ぎなのか自然と野菜を欲する体になっていて、中和でしょうか????

 ちょっと畑に行って新鮮な野菜を採ってくる生活、これは大変良いものです。何もない田舎の生活でもこれだけは特権です。でも都会近郊で野菜作っている人はもっと良いなあ〜〜〜

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


別窓 | 男の料理 | コメント:0
∧top | under∨

カルボナーラ旨し

 年末に作った香り豊かなベーコンがあるので、2日の昼食にカルボナーラを作った。

 ベーコンを程よい大きさに切ります。

200102カルボナーラ1

 フライパンで熱し、ベーコンを深煎りにし油を出して香り出しです。

200102カルボナーラ3

 ボールに、卵黄を入れ、生クリーム、粉チーズを入れ、塩コショー・黒コショーで味を整えます。ここで粉末のコンソメを入れても可ですね。でも入れなくても十分に濃厚な味になります。炒めたベーコンと出た油共々、全部を混ぜ合わせ待機です。

200102カルボナーラ2

 パスタを茹でて、茹で上がったら湯を切って、熱々をボールで待機していた液に投入し、混ぜ合わせて出来上がりです。

200102カルボナーラ4

 手作りベーコンの良い香りと味わいが出た美味しいカルボナーラが出来上がりました。美味いので一気に食べてしまいました、、、、、。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


別窓 | 男の料理 | コメント:4
∧top | under∨

居酒屋つまみレシピ本を真似て

 先月、仕事帰りに寄ったファミマ、雑誌の所でこんなのをパラパラとめくる。なかなか美味しそうな料理が載っていたので、即買った。
 それもそうか、、、いろいろな料理サイトの中からセレクトされた料理が掲載されている、、、、、。

011227居酒屋つまみレシピ本

 そして、オッサンは作ってみる。

 まずは豚平焼き、半熟卵の豚キャベツのオムレツ、卵の中はキャベツと豚コマを炒めたものが入ってます。これをオムレツにしてお好みソース、マヨネーズ、かつお節、青のりでお好み焼きの感覚ですね。これ美味いと評判でした。

011222豚平焼き

 そして豚キムチ、いつも作るのは卵をかけるが、今回はレシピ本のとおりにかけないバージョンにした。豚キムチは美味いっすね〜〜

011229豚キムチ

 これは、タイ風さつま揚げ、鶏胸肉と豆腐とナンプラーと生姜と酒などを入れてフードプロセッサーですり身にして、成形してフライパンで焼いた。ナンプラーとスイートチリのタレでいただきました。
 付け合わせは、ミニトマト、サンチュそして畑で自生したパクチーです。エスニックらしいでしょ、、、、。

011227タイ風さつま揚げ

 そして、えのきと竹輪の磯マヨ焼き、青海苔の香りも良く大変好評でした。材料代も極めて安い。
 エノキの石付きを取って竹輪の穴に差し込みます。それを両面焼いて酒を入れ蒸らし気味にし、酒が飛んだら焦げ目を付けます。別にマヨネーズ、醤油、青のりを混ぜて合わせたものを作っておきます。最後にこれを竹輪に絡めて出来上がりです。

011221えのきとちくわの磯マヨ焼

 料理作っているとワンパターン化するのでたまにはこうしたレシピ本を見て変化をつけるのも大切ですね。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


別窓 | 男の料理 | コメント:2
∧top | under∨

手作りの燻製をいただく(燻製作りその3)

 12月の初めに仕込んだ生ハム用の豚肉の塊、水分がだいぶん抜けました。

011229生ハム水分抜き4週間後

 そして、2回目の冷燻、煙をかけることによって風味が良くなります。そして、燻煙は殺菌効果もあり、長持ちします。

011229生ハムの燻

 大晦日の夜、スライスしていただきました。良い感じに出来ています。中はしっとりもっちりと、、、、2日前に食べて食当たりもせず元気にしていますよ、、、、。安い豚もも肉の塊が高級食材に変身しました。いや〜至福のひと時です。

011231出来上がった生ハム

 同じ日にサーモンも冷燻です。前回作ったのはクリスマス前後で食べてしまったので2回目です。生ハムと違ってこちらは短期勝負で簡単です。

011229スモークサーモン作り

 スモークサーモンも大晦日に切って食べました。

011231スモークサーモン

 こちらは、大晦日の夜の燻製盛りです。他にベーコン、合鴨、チキン、じっくり味わいました。

011231燻製盛り

 作ったベーコンはあちこちに配りました。たいがい喜ばれます。今年の暮れは作る量を増やさなきゃいけないか、、、???

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


別窓 | 男の料理 | コメント:6
∧top | under∨

蕎麦打ち

 新しい年を迎えました。昨年、親父が亡くなったので静かに年明けです。

 4日ほど前だが、もう去年のこと、29日に前日作ったベーコンを持って従兄弟の家に行った。物々交換で蕎麦粉を貰うためだ。従兄弟は蕎麦を栽培して、製粉までする。もちろん自分で蕎麦を打つ、昨年の夏に教えてもらった。

 既に蕎麦粉と小麦粉をブレンドした二八蕎麦用になっている蕎麦粉と打ち粉を2回分貰った。

 大晦日の午後に蕎麦を打った。捏鉢(まだ道具は全部揃えていないのでうどん用)に蕎麦粉を入れ手でサクサクと混ぜる、その後、水を入れて(水回し)再び手でサクサク混ぜ馴染ませていく。

011231水を入れて馴染ませる

 これ2回目の水回し、蕎麦打ちは水加減がとても重要だ。入れ過ぎたらダメなので控えめに入れて行く。捏ねた段階で不足しているようだったら、手に水を付けて更に捏ねて調整です。

011231水回し

 馴染ませた蕎麦を固めて捏ねて行きます。体重をかけて捏ねます。
 この日は、ちょっとだけ水加減が少なかったようでした。なかなか感をつかむのは難しいです。まあ〜これは経験を積むしか無いでしょうね、、、、。

011231捏ね

 丸めた生地を打ち粉をしながら延ばして行きます。最初は手で、そして、綿棒を使って。その後、延ばして四角に整形して行きます。まだまだ上手くできないけど、綿棒1本でだいぶん整形できた。
 更に、延ばして麺の厚さになるぐらいまでやります。先にも書いたようにちょっと水加減が少なかったのか端の方が割れています。

 そして、次は畳んで切りに入ります。畳むときにはしっかり打ち粉をした方が良いと従兄弟の教えです。少ないと、生地と生地が引っ付いてしまうからです。

011231延ばし

 これは、蕎麦切り包丁、随分年代物です。その昔、もう50年も前か?妻の実家では蕎麦を打っていて、その頃、使っていたものです。倉庫の中から発掘し、研いで使えるようにした。

011231蕎麦切り包丁

 写真の下の方の蕎麦生地は綺麗に延びず、切れたようになってしまいました。まだまだ修行が足らんようです(^-^)/。まあ〜数をこなすしかないか????

011231蕎麦切り

 一応、出来上がった蕎麦です。

011231出来上がった蕎麦

 茹でて、こちらで言う割子蕎麦風で食べました。新蕎麦で香りも良く美味しかったです。如何せんもっと上手にできれば、、、、、。

011231蕎麦

 もう1回分、貰っているので次は節分辺りに打つ予定です。

 昨年末、良く料理を作っているので「マメだなあ〜〜」とコメントいただきました。まあ〜好きでやっているので楽しんでます、趣味かな、、、。そして、本物が食べたいと気持ちなんです。

 拙いブログですが今年もよろしくお願い致します。

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


別窓 | 男の料理 | コメント:4
∧top | under∨

丸ごとヒラメ

 この前の土曜日、いつもの魚直売のスーパーに行った。いろいろあるけどこの日はこれが際立った。

 そうヒラメです。これから年末にかけて高くなる鮮魚、高くなる前にいただきます。ヒラメ1匹900円でした。安いですよね〜〜この地でもなかなかお目にかかれない。ヒラメは冬が旬です。買わない手はありません。

011221ヒラメ

 帰ってから捌きました。ヒラメは観音開き、そう5枚下ろしですね。
 オッサンは素流人いや素人、その道のプロのようにはなかなか行きません。でもまあ〜なんとか捌きましたよ。なかなか粗が立派です。でも、結構立派なヒラメだったので身は程々に取れました。

011221ヒラメの5枚おろし

 皮を剥いで薄切りの刺身にした。そして、縁側もすき取った。回転寿司の何の魚かわからない縁側とはチャイマッセ。

011221ヒラメの刺身

 立派な粗で吸い物も作った。もったいないですからね。青物は畑の春菊を使った。

011221ヒラメの粗でお澄まし

 丸ごとヒラメ、使い切った。ヒラメも成仏してくれたかな?貴重な食料ありがたくいただきました。

 29日から来年の5日頃までこちらの市場も閉まる、この期間は新鮮な魚にはお目にかかれないな、、、、。当分魚介は冷凍でもあまり味が落ちないものなどかな?そして肉中心になりそうだ。
 新鮮ではない魚介を高い金出して買うのも馬鹿馬鹿しい。そんな金があったら1ヶ月くらい待ってカニを貪り食いて〜〜〜

ポチッとやっていただきますと元気が出ます


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


別窓 | 男の料理 | コメント:4
∧top | under∨
| 素の暮らし | NEXT